洞察力

東京都小金井市在のトレーナー瀧本銀次朗が運営するパーソナルメディアです。

考えていること

パーソナルトレーニングの「パーソナル」の意味を考えると、やっぱりパーソナルトレーニングっていいと思う

こんにちは!

千葉県の自宅出張専門パーソナルトレーナーの瀧本銀次朗です。

パーソナルトレーナー、パーソナルトレーニングという言葉については、「それなに?」「なにしてくれるの?」と聞かれることもまだまだあります。

「できることはなんでもやりますよ」っていうのが僕の中での答えなのですが、なかなか形に表すことのできないこの「パーソナルトレーニング」というものは、実際にやる前にその魅力を感じていただくことは難しいところです。

「体幹トレーニング教えてくれるの?」「加圧とかできるの?」「ダイエット指導してくれるの?」と知り合いからもいろいろ聞かれることもあるのですが、その人の要望に沿ったトレーニング・コンディショニングを提供するのがパーソナルトレーニングです(加圧は加圧トレーナーの資格を持っていなきゃできません)。

おそらく、パーソナルトレーナーによってできること、得意なことが違いますから、「これがパーソナルトレーニングだ!」というものはないのかもしれません。

しいていえば「パーソナル」という言葉の持つ意味を考えると、他の〜トレーニングとは違うことがわかっていただけると思います。

スポンサーリンク

『パーソナル』って何だ?

パーソナルは英語で「personal」とかきますが、意味は「個人の」とか「個人に関する」という意味を主に持っているようです。

たしかにpersonal dataとか、personal recordとかいいますね。

じゃあpersonal trainingはというと、「個人のトレーニング」とか「個人に関するトレーニング→個人にあわせたトレーニング」という意味になることになります。

こう日本語訳すると、ほかの「〜トレーニング」というものとはちょっと違うのがわかると思います。

例えば、

体幹トレーニングと呼ばれるものは体幹部位を主に強化するためのトレーニング。

コアトレーニングという言葉もありますが、これも同じようなものです(っていったら叱られちゃうかもしれませんが…)・

加圧トレーニングは、加圧ベルトを使用したトレーニング。

基本的に「〜トレーニング」というのは、特定の方法や特定の部位・要素(例えば体幹、筋力、スピードとか)を鍛えることを意味しているものが多いです。

パーソナルトレーニングはちょっと違います。

方法も特定していません。

部位や要素も特定していません。

唯一特定しているのは、「あなた」という「個人」です。

どんな方法がいいのかはあなた次第です。

どんな部位や要素をトレーニングしていくのかもあなた次第です。

「それがわからないからわざわざトレーナーに聞いてるんじゃん!!」

と思う方もいるでしょう。

そうなんです。

トレーニングって、大抵は何をやったらいいのかわからないものなんです。

だから、パーソナルトーレナーがいるんです。

だから、パーソナルトレーニングがあるんです。

「あなたにとって、いちばんいいトレーニングをすること」がパーソナルトレーニングです。

いちばんいい方法を導き出して、それをやることに対してもサポートしてくれるのが、パーソナルトレーナーです。

パーソナルという言葉の意味を考えると、こういうことだと思うんですよね。

マンツーマンで指導してたらとか、オリジナルメニューをつくってくれたらとか、そういう形だけのものでパーソナルトレーニングかどうかは判断できるものじゃないと思っています。

こう考えると、やっぱりやるならパーソナルトレーニングがいいよなーって強く感じます。


▼「いいね!」すると最新情報をお届けします!▼

-考えていること
-