洞察力

東京都小金井市在のトレーナー瀧本銀次朗が運営するパーソナルメディアです。

ダイエット・ボディメイク

ジムに通わなくても食べ過ぎなかったら勝手に痩せます

2017/03/15

おはようございます。東京都・千葉県のご自宅出張専門パーソナルトレーナーの瀧本銀次朗です。

ジムに通い始める理由って、ほぼ「痩せるため」とか「身体を引き締めるため」ですよね。

あとは「運動不足を解消したい」という理由もあると思いますが、本当に気にしているのは運動不足という現状以上に自分の体型や体重じゃないでしょうか?

運動不足だったとしても、体型や体重が自分の納得いくものなら、ジムには通っていないかもしれないですよね。

ただ、ジムに通っていなくても細い人は細いし、

ジムに通っている人全てが身体が引き締まっているかといえばそうでもありません。

こんなことからもわかるように、

『ジムに通う=痩せられる』でもないし、

『痩せる方法=ジムに通うこと』でもないんです。

今回はそんな記事。

スポンサーリンク

ジムに通わなくても、ちゃんと痩せられます

痩せる方法はご存知の通りたくさん方法が出回っています。

正直、なんでもいいんです。

その方法を徹底すれば、絶対に体重は落ちます。

落ちない人は、やり方をどこかで間違えているか、アレンジしているか、どこかで自分に甘えを出してルールを守っていないかです。

個人差はどんな方法にも必ずありますが、痩せないってことはありえません。

だって、1週間飲まず食わずで太れる人っていないでしょ?

ジムに行く目的が痩せるためなのはダメなことではないですが、ジムに行く以外の方法でも痩せることは十分にできます。

そもそも太ったってことは食べ過ぎてるってことですから。

運動量を増やすことは時間体力も使うし、効果的なことに変わりはないけど、あまり簡単なことではありません。

やせるには、基本は食事です。食事をコントロールできる人は、無理に運動量を増やさなくたって痩せます。

おにぎり1個分のエネルギーは運動での消費に例えるとどのくらいのエネルギー量なのか?

コンビニのおにぎり1個のエネルギーが、だいたい160~190kcalくらいです。

これは、体重50kgの人が時速5.0km/h程度の早歩きのスピードで1時間持続的に歩き続けるくらいのエネルギーです。

たったおにぎり1個分のエネルギー消費のために、1時間も時間割くならおにぎり1個分の食事を控えた方が絶対に効率いいです。

歩いたり走ったりすることで心肺機能は鍛えられるので身体にいいことは間違いないですが、痩せたいならまずは食事からでしょう。

「食事が我慢できないからそのぶんたくさん運動します!」

なんていう人がたまにいるのですが…僕は倫理的にこういう考え方はキライです。

食物をなんだと思ってるんだ、まったく。

食べたいものを食べるのは人の勝手だけど、だったら堂々と太っててください!って感じ。

たしかに食べても太れない!って体質の人はいます。でも、食べたら太る人がそういう人をいつまでも羨ましがっててもしょうがないでしょ?

モデルさんでもダンサーさんでも、綺麗な体型してる人のなかには太りやすい人もいます。

知り合いの雑誌のモデルさんやってる方も、まだ若いのに食事はかなりストイックに管理しています。

美しい体型を保つために、みんなそれなりの努力してるんですよ。

身体を引き締めたいなら運動は効果的

体重の増減は別として、運動自体は体型を変化させるには効果的です。

同じ種目スポーツをしている選手だと体型が似ているなんてことがよくありますが、

これは運動の種類によって発達する筋肉や発達の仕方がかわるからです。

なので、身体を引き締める目的だと運動は超効果的で、実際に多くの俳優さんやモデルさんがトレーニングを行っています。

この場合は、体型の改善や維持が目的のことがほとんどです。

どんな身体になりたいのか?それによってジムに行った方がいいのか、どんなジムに行った方がいいのかが違ってきます!

体重の増減は単純です。食べ過ぎていたら太るし、適量なら維持、食べ足りなくなっていたら痩せます。

1kcal単位まで厳密に消費エネルギーと摂取エネルギーを計算するのはかなり難しいですが、体重の増減を見れば基本的にはわかります。

ただ、ボディラインに対してこだわりを持つのなら、運動も外せません。

筋トレと有酸素運動によってより多くの体脂肪を燃焼することで、外見は良くなるし、体重ももちろん食事だけの改善よりは運動を合わせた方が落ちやすくなります。

ここで考えたいのは、自分がどこまでの身体になりたいのか、どこまでの効果を得たいのか、どこまでは自分でもできて、どこからは人の手を借りないとできないのか?ということ。

それによって、ダイエット専門ジムやパーソナルトレーニングジムが合っている人、フィットネスクラブが合っている人、自宅で自分でやった方がいい人、それぞれ理想となる環境がかわります。

あなたには、どんな環境が合っていそうですか??

 

スポンサーリンク


▼「いいね!」すると最新情報をお届けします!▼

-ダイエット・ボディメイク
-