洞察力

東京都小金井市在のトレーナー瀧本銀次朗が運営するパーソナルメディアです。

ダイエット・ボディメイク

【ダイエットと筋トレ】ダイエットは食事が9割!でも運動する必要がないとは誰も言っていない

2017/03/15

こんにちは。東京都・千葉県のご自宅出張専門パーソナルトレーナー瀧本銀次朗です。

最近読んだダイエット本で、この本はとっても勉強になりました。

 

運動指導者が断言! ダイエットは運動1割、食事9割 [決定版]

新品価格
¥1,404から
(2016/11/11 08:56時点)

タイトルから確信をついています。

ダイエットは食事です。運動でどうこうするものではありません。

食べるの我慢したくないから運動で〜なんてのはダイエットではありません。

僕から言わせたら、たんなる食物と体力の浪費。

このご時世、こんなぜいたく病は許されませんよ。

食べ物は大切にしなきゃ!!

 

…って、いう話をしたかったのではなく、

ダイエットは食事の管理で決まるものだと。

ただ、運動をしなくていいと言っているわけじゃない。

ここは、ダイエットとはまた別問題で重要なところです。

スポンサーリンク

食事だけではキレイで丈夫なカラダは保てない

健康第一を考えたら、体重が落ちただけではOKとはいえません。

たしかに体脂肪がへって、健康診断の結果もよくなって、見かけは健康になれたかもしれないけど。

運動しなきゃ人間はどんどんよわっていきます。

そしてこちらの記事でも書いたように、筋肉はスタイルをよくするには必須のものです。

ダイエットしている理由に「スタイルを良くしたい」というのがあるなら、運動は必要です。

運動、とくに筋トレしなきゃ、筋トレできるうちにしておかなきゃ、あとあと苦労することになります。

筋肉は20歳から年間1%ずつへっていく

たいして運動をしていない状態がつづくと、年々筋肉量が減っていきます。

個人差はもちろんありますが、20歳を境目に、年間1%ずつへる、と言われています。

30歳で10%、40歳で20%。

いろいろなカラダの異常を「年齢のせい」にしがちですが、運動を定期的にしているかどうかでカラダの状態は同じ年齢でも大きく変わります。

食事をどんなに気をつけてたって、筋肉量が減ればそれだけカラダに異常が出てもおかしくありません。

筋肉を壊さなきゃ、筋肉に栄養がいかない

筋肉を壊さないと、せっかく摂取した栄養素も筋肉にはそれほどとどいてくれません。

栄養は、カラダの中で栄養をほしがっている重要なところから優先的に吸収されていきます。

筋肉をこわして、筋肉に栄養が必要な状態をつくってあげないと、筋肉にはいつまでたっても栄養がじゅうぶんにとどきません。

筋肉をこわす作業…

これはもちろん「筋トレ」


▼「いいね!」すると最新情報をお届けします!▼

-ダイエット・ボディメイク
-, ,