跳躍力

ジャンプ力を高めるためのトレーニングの探求

トレーニング

美脚を手に入れ、保ち続けるための秘訣

こんにちは。東京都武蔵野市・小金井市のご自宅出張専門パーソナルトレーナー瀧本銀次朗です。

さすがにこの季節、脚を露出するっていう機会はなかなかないと思いますが、

タイトなパンツを履くためにも、脚の太さが気になっているかもしれません。

それに、4月、5月頃になれば、今年もあなたはカラダのラインや体重に敏感になってくることでしょう。

考えてみると、あと半年もないんですよね。

2ヶ月や3ヶ月の短期的なダイエットだけではなんの意味もないことは説明するまでもありません。

あんなの、ただその瞬間をごまかすための小細工。

もちろん、そんな小細工を求める方のご依頼など受けません。

「できるだけ迅速に、大きな結果を出し、それを自分でも維持できる能力をつける」

これが、私が提供しているパーソナルトレーニングの主軸ですから!

二度と太らせません。

そんなパーソナルトレーニングでも実践している、美脚を手に入れるための方法。

今回はちょこっとだけ公開します!

スポンサーリンク

美脚を手に入れる秘訣は、たったふたつの条件を満たすだけ!

「美脚」といわれる脚は、

たったふたつの条件を満たすだけであなたのものになります。

まずひとつは、

「長く見える」こと。

そしてもうひとつは、

「末端が細く見える」こと。

このふたつだけなんです!

長く見える脚ってどんな脚?

人工的に脚を長くすることは難しいです。

ただ、「長く見えるように」演出することはできるんです。

これだけで、だいぶ見た目は変わります。

長く見える脚を手に入れるために重要なポイントは、

「お尻」にあります。

お尻がキュッと持ち上がっている人は、それだけで脚が長く見える効果があるんです。

といっても、お尻を鍛えればいい!というわけではないのがちょっと難しいところ。

あまりにもお尻を鍛えすぎて、正面から見たときに骨盤周りが横に張り出して見えてしまう場合があります。

お尻の筋肉といっても、いくつか種類があり、ついている部分や機能も違います。

なので、長く見える脚を手に入れるには、とくにどの部分を鍛えるか?というのがポイントになります!

美脚は「末端が」細いというのが肝!!

末端というのは、足首ですね。

お尻周りから〜膝〜足首にかけて、

だんだん細くなっていく脚が綺麗に見えます。

筋肉の凹凸はあるので、まっすぐ細くなる、ということはないですが、

単に「細い」のではなく、凹凸のバランスをみることが美脚獲得のポイントです。

ふくらはぎを引き締めるために、

「カーフレイズ」というつま先立ちのエクササイズを用いることがありますが、

負荷設定を誤ると、かえって筋肉がつきすぎてしまうことがあるので要注意です!

そして、末端をより細く演出するためにも、

付け根(お尻まわり)はある程度鍛えて、バランスを整えることも重要ですね。

条件はふたつ、でもやることはひとつ?

「長く見える」「末端が細く見える」というふたつの条件を満たせば美脚が手に入る!

ということを書いてみましたが、

やることはざっくりいうとひとつです。

それは、「骨格を整えること」

これにつきます。

筋肉を発達させたほうがいいといっても、筋トレばかりに頼るにも限界があります。

なぜなら、私たちは「立つ」し、「歩く」からです。

立つ、歩く、という動作によって、美脚に関わる筋肉は刺激されています。

骨格が正しく保たれていれば、刺激はバランスよく伝わり、勝手にある程度の美脚を保つことはできるでしょう(もちろんちゃんと日々のケアもしないと綺麗な脚は保てません)。

ただ、骨格にズレがある場合、無駄な力が筋肉にはいってしまって筋肉が必要以上に発達したり、

血液やリンパの流れが悪くなり、むくみによって太くなってしまうこともあります。

なので、パーソナルトレーニングでは主に「骨格をリセットする」ことを重視して行っています。

これはエクササイズやストレッチだけでなく、「呼吸の方法」が重要であることが最近は知られています。

呼吸に関わる筋肉が、全身のカラダの歪みに影響するのです。

ゆがみを修正する正しい呼吸を習得しつつ、手技とエクササイズを組み合わせたアプローチによって、

美脚になり、それを保つための「美しい骨格」を育て上げていきます。

もちろん、筋肉を鍛えることもしますが、それだけじゃダメ。

骨格を整えるには、トレーナーに頼りっきりになるだけでなく、あなた自身の日々の努力も必要です。

本格的に取り組んでみたい!という方はぜひご連絡ください!

 


▼「いいね!」すると最新情報をお届けします!▼

-トレーニング
-