跳躍力

ジャンプ力を高めるためのトレーニングの探求

トレーニング

正月太りをムリに解消しようとしたら、インフルエンザに感染します

2017/10/30

こんばんは。

東京都武蔵野市・小金井市のご自宅出張専門パーソナルトレーナー瀧本銀次朗です。

明日から仕事始めという方も多いと思いますが、あなたは年末年始は楽しめましたか?

家族親戚が一斉に集まるっていうのも、お正月以外はなかなかないですよね。

瀧本家もなかばムリヤリ両家の実家に挨拶に行ってきました!

仕事→実家→仕事→実家→仕事…

移動多すぎ。さすがにしんどかった…w

両家とも、酒に料理にと大盤振る舞いしてくれたので、

両日ともに腹も胸もいっぱいになりました。

こういうことがかさなって、

正月太りっていうのはするんだろうな。

ただ、正月太りをしたからって、

明日からいきなり気合い入れてダイエット始めるっていうのは絶対お勧めしません。

この時期は(この時期でなくてもだけど)、健康第一。

スポンサーリンク

年明けのダイエット、百害あって一利なし

年明け早々、

正月太り解消!!なんて謳い文句に踊らされて、

ダイエットはじめよう!なんて思っていたら思いとどまってください。

この時期は、食事制限や過度な運動はキケンです。

運動で免疫力がおちる

しばらく動いていなかったことで、気合いが入って筋トレや有酸素運動を頑張ってしまうと、

運動後の体調管理にかなり気を遣わなきゃいけません。

運動によって、細胞がたくさん傷つきます。

このとき、人間のカラダの免疫力は一時的に低下しているんです。

乾燥によってウイルスも繁殖しやすいこの時期に、

カラダもウイルスに感染しやすい状態をつくっても仕方ないですよね。

よくプロ野球選手がオフシーズン明けのキャンプでインフルエンザ感染なんて記事が出ますが、

免疫力の低下が大きな原因で、プロ野球選手も感染しています。

食事制限で、体温が下がる

食事によって増えた体重は、

食事量の減少で解消するのがいちばん手っ取り早いかもしれません。

といっても、食事制限がいちばんいい方法とはいえません。

まず、食事を取らなくなると体温が低下します。

カラダが冷えると、これもウイルスと戦う力が減り、

体調を崩しやすくなります。

熱中症の危険性でもない限り、

カラダを冷やす、なんてことはしてはいけません。

正月太りなんてそう簡単にしない

本来は正月太りなんて、そうそう簡単になりません。

3日4日、ちょっと食べ過ぎたくらいで体重が2~3kg増えても、

また元の生活に戻れば、ちゃんと体重はもとに戻ります。

人間には恒常性機能(ホメオスタシス)というものがあって、

現状を維持しようとカラダが勝手に反応してくれるんです。

もし、増えた体重が戻らない…と言う場合は、

正月に限らず、ついつい食べ過ぎていることが多いんです。

 

こういう場合、食事制限にストレスを感じていることが多いですから、

食事に対する考え方、価値観を変えていく必要もあります。

価値観っていう話をすると、「大げさじゃない?」と思う人もいるみたいですが、

食事をどう捉えているか?というのはカラダを健全にたもつうえでとても重要です。

 

こういう食べ方をすればやせるとか、

これを食べれば痩せるとか、

これは食べたら太るとか、

そういうことばっかりに気がまわってしまっているうちは、

正月太りやリバウンドからなかなかおさらばすることはできないです。

価値観を変えることにビビって逃げてちゃいけません。

基礎代謝を常に高く保てるようになりましょう!

本当に太りたくなかったら、基礎代謝を高い状態に保つことが全てです。

あれを食べたら太る、これを食べたら太るなんてことを考えているだけでストレスになります。

ストレスは自律神経を乱れさせ、基礎代謝にも影響します。

そりゃあ運動したり生活スタイルを改善させたりする過程で、それなりのストレスはあります。

でもそんなの一時的なものですから。なれちゃえば大したことないんです。

ストレスなく、高い基礎代謝を維持できるようにするためにも、2~3ヶ月はストレスと戦うことは絶対に必要ですね。

人によってはもっと期間が必要かもしれないけど、

要はいかに今までの常識を壊して、価値観を変えられるかなんです。

2ヶ月だけ頑張れば大丈夫とか、

短期集中じゃないと、とてもじゃないけど頑張れないとか、

そういう感覚で取り組むものは、絶対に身になりません。

リバウンドを何回も繰り返している人は、こういうひとですよ。

健康は、一生保つべきものです。

テレビで「今は薬が発達してるから、不健康な生活をして薬で散らしていた方が、健康管理しながら生活するよりずっと幸せ」みたいなことをいっている某有名人がいましたが…

絶対そんなのダメですよ。

あんたはいいけど、子供にそんな教育するのかって話で。

医療費高騰、医師不足のこの時ご時世で、勝手極まりない発言。

オトナの風上にもおけません。

まあその人独身ですけどww

基礎代謝を高く保つには、

  1. 内臓の機能を良好に保つ(自律神経を整える、食生活を健全にする、姿勢を改善する)
  2. 体脂肪率を標準範囲内に保つ(体重に対する筋肉の割合を多くしておく)

このふたつが重要です。

基礎代謝が高ければ、単にカロリー消費したいがためだけの長時間の有酸素運動に時間を浪費する必要もありません。

基礎代謝が高ければ、体重を維持するために、かえってしっかり食事をとる必要があります。

基礎代謝を高く保つために、食事制限や小手先のテクニックは通用しません。

健全な生活スタイル(完璧、でなく健全)をつくっていくことがすべてです。

それに加え、加齢に伴って勝手に落ちてしまう筋肉量を保つために、

筋トレをやるというのはとても効果的です。

理想は20歳過ぎたら意識的に定期的な筋トレをすることですが、

20歳過ぎても、とにかく早く始めることが大切です。

筋トレしていなければ、今すぐ始めましょう!!


▼「いいね!」すると最新情報をお届けします!▼

-トレーニング
-, , ,