跳躍力

ジャンプ力を高めるためのトレーニングの探求

トレーニング

ケツをひっぱたかれないと動けないうちはまだまだ。自らに鞭を打てるようになろう

2017/10/30

おはようございます。東京都武蔵野市・小金井市のご自宅出張専門パーソナルトレーナー瀧本銀次朗です。

年が明け、気持ちもフレッシュな今だからこそ、

ジブンに大してドSになれるチャンスと思っています。

ジブンにドMになれという人もいますが、個人的には真逆です。

ジブンをいじめましょう、ジブンを戒めましょう。

スポンサーリンク

強制vs自主性

この仕事をしていると、人に鞭を打つこともよくあります。

あ、変な意味でなく、厳しく接するというか、鬼の心を持つというか、強制力を働かせるということです。

自主性を重んじることも大切なのはわかっています。

そのうえで「あえて」の判断です。

「自主性を重んじる」のは、ある意味「こちらは責任をもたない」ということとイコールです。

「自主性を重視させることを決めたのはジブンだから、その結果に責任を持つ」とか、それも逃げです。

指導者たるもの、やっぱり道しるべにならないと。

こういう結果を残すために、ここまでのことをやらなきゃいけない。という提示をしないと。

「ムリヤリやらせても意味がない」なんて反論もよくありますが、私はそうは思いません。

なぜなら、自主性のある人は、自分自身で自分に鞭を打てるからです。

わざわざ、強制力を働かせる必要がない。

むしろ、「ちょっと休んでください」と、止めに入らなきゃいけない。

直接お会いしたことはないですが、フィギュアスケートの羽生結弦選手なんてその境地にいる方だと思います。

 

自主性を重んじるのは、

「強制力を働かせるよりも、自分で考えてやる方が良い効果が出る」境地まで行っている人にたいしてやることです。

自分自身に厳しくできるひとに、強制力なんて必要ありません。

ただ興味深いのは、そういう人ほど、他者からの強制力を積極的に欲しがるところです。

自分に厳しくしてほしい、追い込んでほしい。

絶えない向上心がもっと自分をたかめるために必要な負荷を欲していることを意味しています。

 

強制力を否定する人は、「ツライのはイヤ」なんです。

でも、肯定派も心の中では「ツライのはイヤ」だと思っています。

違いは、その「ツライ」という気持ちとの付き合い方です。

  • ツライから逃げたいのか。
  • ツライから乗り越えたいのか。

どっちがどっちかなんて、説明する必要もありません。

  • ツライという現状に気持ち入っているのか。
  • ツライことを乗り越えた結果に気持ちが入っているのか。

ここも結果の良し悪しを左右する大きな分かれ目です。

 

強制力を求める人も、強制力を働かせるこちら側も、

その行為自体にばかり着目していては効果が出たとしても一時的なものでしかなくなってしまいます。

なんのための強制力なのか?

それは結果を出すためであり、

強制力を必要としない、強いジブンになるためでもあります。


▼「いいね!」すると最新情報をお届けします!▼

-トレーニング
-