跳躍力

ジャンプ力を高めるためのトレーニングの探求

トレーニング

やっぱり夜のテレビ・スマホ・パソコンは次の日の目覚めを悪くすることを実感。絶対やめたほうがいい。

2017/10/30

東京都武蔵野市・小金井市のご自宅出張専門パーソナルトレーナー瀧本銀次朗です。

実はちょっと眠いです。。

昨晩、寝る直前までパソコンで事務作業をしちまいました。

だめだってわかっていたのに。スイッチはいっちゃって。

嫁の制止を振り切り(笑)寝る直前ギリギリまで作業。

これがダメだった。

やっぱり寝る前は安静にしよう・・・

あなたも、布団に入る直前までテレビを見たり、スマホいじりしていたらやめたほうがいいです。ぜったいに。

スポンサーリンク

寝る前には、明るい光を浴びるもんじゃない

もともと人間は日が昇ると同時に活動を始め、日が暮れるとともに休息(睡眠)する生き物です。

いまはもちろん電気がありますから。夜でも明るい光の下で過ごすことはできます。

ただ、寝る直前まで明るい光を浴びていると、身体は休息モードにはいってくれません。

テレビもそうですが、スマホの光ってかなり強いですからねー。暗闇で画面つけてみるとその凄まじさがわかると思います。

身体が休息モードにないまま寝ようとしても、寝つきが悪いうえに目覚めも最悪です。

そう、今日の私のように…orz

仕事が終わった後、子供が寝静まった後のリラックスタイムがテレビを見たり、スマホいじりばっかりだとしたら、リラックスしているようで本当の意味で休息は取れていないかも。

就寝1時間前、いや少なくとも30分前にはパソコンやスマホ画面みたいな明るい光は見ることを控えたほうがいいですよ。

テレビもね。深夜番組は面白いけど…。

さらに寝つきを良くするには?

まずは「音」です。

音は頭を覚醒させる効果があります。

無駄な音は就寝時はならないようにしましょう。

最近気づいたのですが、私のスマホのバイブレーター機能が一晩中ONのままで、

「ブブッ」っていう振動で起きることもあるんですよね。

これは睡眠を妨げる原因なので。即刻改善しました。

それにしても嫁に言われるまで気づかんとは…。当たり前ってこわい。

あとは重なるけど、「光」

暗いほうがぜったいにいいです。

寝るモードに簡単になれる。

夜でもカーテンしっかり締めて寝ましょう。

外の光が入るか入らないかで全然かわります。

あとしいてあげるなら「香り」かな。

アロマオイルとか、好みはあるけどおすすめです。

ちなみにうちは柑橘系が多いです。

ぜひ試してみてください。アロマ焚いてるってだけでなんかオシャレだしww


▼「いいね!」すると最新情報をお届けします!▼

-トレーニング
-