アスリート 成長期

【トップアスリートになる方法】子供のうちは未完成がいい

2017/06/15

東京都武蔵野市・小金井市のご自宅出張専門パーソナルトレーナー瀧本銀次朗です。

以前からjr.強化選手や中高生アスリートに対してのフィジカル強化トレーニングを行ってきましたが、

やっていくなかで大人と同じところ、違うところというのが始めた当初よりも変わってきた部分があります。

そんな頭の整理も兼ねて、将来トップアスリートを目指す子供たちのためのトレーニングについて書いてみようと思います。

スポンサーリンク

成長期のアスリートは、未完成なのがいい

できるだけ早くから競技スポーツをはじめたほうがいい、という説があって。

「ゴールデンエイジ理論」といって、5歳くらいまでに特定のスポーツに力をいれ始めることが良しとされています。

私がよく指導するバスケットボール、バレーボールは、これには当てはまりません。

当てはまらない…と思う…くらいにしておいたほうがいいかもしれないけど、本心は「そんなわけないじゃん」デス。

むしろいろいろやってほしい。

バスケットボール選手になりたくても、サッカーやってほしい。

バレーボール選手になりたくても、体操やってほしい。

ひとつのことに没頭させるには、まだ早いです。

本人がそれしかやりたくないっていうんなら仕方ないけど。

基本的に、技術を完成させてはいけないんです。

子供はこれから身長も伸びて、体重も増えます。

ということは、重心も変わって、カラダをコントロールする感覚も少しづつかわります。

小さいうちに技術を完成させてしまったら、カラダの変化に対応できなくなります。

 

フィギュアスケートは早いうちから始めたほうがいいという話をよく聞きますが、

「表現力」のような身体的な特徴以外で変わっていくものと、その他の技術は違います。

難しいジャンプを跳ぶことが良しとされてきているフィギュアスケートも、そのうちこの理論は崩されるかも。

 

成長期のうちは、未完成で、荒削りで全然いいんです。

骨格がしっかりつくられるまでは、技術もつくりこむ必要がありません。

むしろ、いろいろな運動経験をさせてあげたほうがいい。

好き嫌い、食わず嫌いにならないように、なんでもやらせてあげたほうがいい。

神経系が発達する子供のうちはとくにいろいろな運動経験をすることで、将来専門的で高度な動きを身につけるのに役立つことが知られています。

たとえばバスケットボールの試合で厳しいチェックを受けながらシュートを打ったり、ディフェンスの合間を軽快なステップでかわしたりするのは、バスケの練習だけをやっているだけでは身につきません。

こういう動きは、練習っていう規則的なものでは習得できません。とっさの判断ですから。

本来あまりその競技でやらないイレギュラーな動きもできる選手は、ダブルチーム来ようがファウル覚悟のチェックがあろうがシュート決め切ります。ガッツも必要だけど。

こういう能力って、反復練習じゃ向上しません。

いろんな運動を経験してきたからこそ、無意識にできることです。

もしミニバスや中高の部活に入っていたら…

ミニバスやバレー、中高生の保護者の方からトレーニングについて質問をされると、以前はプラスアルファでストレッチやトレーニングを取り入れることばかりを提案していました。

それはそれで障害予防にもつながるところがあるからいいんですけど。

今は(とくに小学生の場合は)、練習以外の時間は極力バスケ(バレー)やらせないでください。とご提案しています。

本人がやりたがったり、勝手にボールを手に取っているならいいと思いますが、

そうでもないなら、遊ばせちゃったほうがいい。

気軽に遊べる場所がない!という難しさもありますが、

少なくとも武蔵野市・小金井市にはでっかい公園がありますからね。

自然の中を走り回らせてあげるだけでもいいのです。

瞬発力、敏捷性、視覚情報から反応する能力は高まりますw

はしゃいででっかい声だしますから、心肺機能も上がるでしょうww

あなたも一緒に遊べば、ダイエットになりますww

そのくらいでいいのです。未完成で。形式張らなくていい。

別記事でまず型にハマれ!的なことも書きましたが、子供は例外。

特定のスポーツをやるってだけでじゅうぶん型にはまっているので、それ以外の時間は型から解放させて、将来への伸びしろをつくってやるのがいいんです。

私がこっちに引っ越してきたのも、将来の子供のためですから。

まだどこになにがあるかもよくわかってないけど、だだっぴろい広場があればなんもいりません。

走り回れる広い場所があればじゅうぶん。

男だろうが女だろうが、野獣のように育てますww


▼「いいね!」すると最新情報をお届けします!▼

-アスリート, 成長期
-