洞察力

東京都小金井市在のトレーナー瀧本銀次朗が運営するパーソナルメディアです。

考えていること

どのパーソナルトレーナーがいいのかわからない状態になった今、必要なのは万能性のあるパーソナルトレーナー

2017/03/15

東京都武蔵野市・小金井市のご自宅出張専門パーソナルトレーナー瀧本銀次朗です。

ダイエット専門、姿勢改善、美脚専門、いろいろな専門性、特化型のパーソナルトレーナーがいますが、これから必要になってくるのは万能性をもったトレーナーです。

その人の要望のごく一部でなく、クライアントの一生涯をサポートできるような能力をもつパーソナルトレーナー。そういうひとが必要とされてきます。

スポンサーリンク

オールラウンダーの時代

私たちの抱える悩みは、ひとつだけ、ということはほとんどありえません。

カラダの悩みもそうで、ダイエット目的といっても脚の太さが気になっているときもあれば健康診断の結果を気にするときもあるし、ダイエット以外の悩み(いつのまにか腕が上がらなくなった、首が痛い)もでてくることがあります。

特にカラダの痛み、不調については、今後パーソナルトレーナーとして絶対的に対応できなきゃいけないところになります。

もちろん治療行為によって、痛みの緩和はできますが、本当に大切なのはそこじゃありません。

根本的な痛みの原因の改善、そして予防。

これができなきゃ、また痛くなるんです。

予防は治療ではできません。

生活習慣の悪循環によっておこるいろいろな病気も、運動を通じて予防すべきことです。

どんなに病院で薬をもらってもよくはなりませんし、

そもそも「何かあったら病院に行けばいい」という考え方自体が、日本では深刻な問題になっています。

医師不足の今、医師を増やすのが先か、医者いらずのヒトを増やすのが先か

医師不足が深刻化しているけれど、お医者さんをいたずらに増やすのは反対です。

診断が下されて、治療や手術をするのは最終手段。

いっちばん命に関わる部分です。手遅れ寸前の境地にお世話になる方々ですから、変にハードル下げるようなこともして欲しくないし(しないだろうけど)、それが当たり前になるのは難しいです。

今すぐとりかかるべきは「お医者さんのお世話になるヒトを減らしていく」ことです。

運動不足、偏った栄養バランス、過剰な睡眠不足、ストレスを改善・解消する術を身につけてひとりひとりがやらなきゃいけません。

大切なのは「やってもらう」のではなく「みずからやる」ことです。

お医者さんにやってもらえばいい、薬をもらえばいい、治療してもらえばいい、マッサージしてもらえばいいという、超絶受け身な考え自体を改めなきゃいかんのです。

頭のいい子供に頑張って勉強させて、医者になってもらおうなんていう期待をし続けるのはやめましょう。

彼らはそんな人任せで受け身でだらしないヒトのために医者になるわけではありません。

本当に医療行為が必要なヒトが医師不足、ベッドの不足なんかでたらい回しにならないようにするにはひとりひとりが下手に病気や怪我をしないようにすることです。

運動・栄養・休養の健全化

お医者さんいらずになるには、日々の生活習慣が健全なものであることが大前提です。

完璧なひとはいないし、そもそも完璧ってなんだ?って話なので。個人的には「健全」がしっくりきます。

健全化には、本人の知識が必要ですが、最近はここには困らないくらい情報が溢れかえっています。

どちらかというと、その情報を整理する能力の方が問われています。

パーソナルトレーナーは、これができるひとでなくちゃいけません。

効果的なダイエット方法を教えられるだけではダメ。

美尻を作る専門家でもダメ。

肩こり腰痛の緩和ができるだけでもダメ。

カラダと健康に関するあらゆる知識をもち、クライアントのライフスタイルにあわせた「健全化」ができるトレーナーが絶対的に必要です。

だからもちろん、筋トレ教えられるだけでもダメ。

パーソナルトレーニングの価値「1回1時間や1時間半くらいのあいだトレーニングを教えてくれる」くらいなものでしかないのなら受けない方がいいです。

月に1回、2回でもパーソナルトレーナーと時間を共有することで、より良いカラダになり、より健全な生活習慣を身につけて健康になっていくことが理想。

そんな理想を叶えるためにも、やっぱりパーソナルトレーナーは万能性が必要です。

 


▼「いいね!」すると最新情報をお届けします!▼

-考えていること
-,