カラダの痛み

身体の痛みが邪魔をして運動がやりたくてもできない方へ

2017/04/06

東京都武蔵野市・小金井市のご自宅出張専門パーソナルトレーナー瀧本銀次朗@PerformarsAct)です。

シェイプアップなどの体型改善や健康づくりのために運動をはじめたくても、

腰や膝、肩などに痛みを抱えていてなかなか手が出ない、というお悩みを抱えている方はたくさんいらっしゃいます。

そうなると、

「まずは痛みを取り除きたい」「少なくとも今よりもまともな状態になってから運動を始めたい」

という考えになるのが自然でしょう。

 

私自身、「治療」をおこなうことはできません。

ただ、「痛みの緩和・軽減」を行うことは十分に可能です。

スポンサーリンク

安静にしていても痛みは軽くならない

痛みを和らげるには「安静」が一般的ですが、

安静にしているだけでは改善しない場合、

安静にしていても再び運動をはじめることで悪化してしまう場合があります。

これは、痛みの原因の改善ができていないためです。

動かしすぎが原因かもしれないし、逆に動かなすぎが原因のときもあります。

痛みのある部位以外に、痛みそのものを発生させている要因があるのなら、

どんなに安静にしていてもまた動けば痛くなるでしょう。

かといって、痛ければ運動に支障が出るのも事実・・・

安静にしてもまた動いてしまえば痛くなる。

でも無理に運動したら痛みが悪化しかねない。

何よりもやっていて苦痛。

「じゃあどうしたらいいの?」となってしまいますよね。

つらい今の状態から抜け出すには、

「単に安静にする以外の方法で、動いても痛みを感じない・少なくとも痛みが和らいだ状態をつくる」ことが必要です。

まずは運動できるカラダになることを優先!

安静以外の方法で上記のような状態になるには、

いわゆる治療行為に求めるような痛みによる苦痛を和らげる効果があることをするのが一般的です。

方法は様々ですが、ほとんどの痛みを和らげる効果のある手技は、

  • 痛みが発生している部位そのものにアプローチする(マッサージ、ストレッチなど)
  • 痛みを和らげることができる刺激をカラダに与える(ツボ押し、鍼治療など)

このどちらかの手段を用いるか、

両方を併用して行うかという考えのなかにあてはまります。

自宅出張パーソナルトレーニングで行ってもらえる「痛みの改善」

私たちが行っている「痛みの改善」は、

ストレッチや筋膜リリースなどのカラダに対して直接アプローチする方法と、

リラクゼーション系のカラダの内部からのアプローチを行う方法とを併用しています。

それだけなら治療院でも効果的なことをしてくれると思いますが、

あえてパーソナルトレーナーが行うことにも意味があります。

パーソナルトレーナーがトレーニングだけでなく、痛みのあるうちから関わることで、

痛みの原因の特定やその改善方法、痛みを悪化させずにトレーニングする方法などをお伝えすることができます。

単にマッサージを受けるというわけでなく、

マッサージを受けなくても大丈夫なカラダになるための手段も身につけることができるということです。

 

安静と治療だけが全てではありません。

なかなか運動に手が出なくて悩んでいる方は、ぜひ一度ご相談ください。


▼「いいね!」すると最新情報をお届けします!▼

-カラダの痛み