洞察力

東京都小金井市在のトレーナー瀧本銀次朗が運営するパーソナルメディアです。

カラダづくりのコツ ダイエット・ボディメイク

腹筋を最短期間で割るトレーニングと食事のポイント

東京都武蔵野市・小金井市のご自宅出張専門パーソナルトレーナー瀧本銀次朗@PerformarsAct)です。

腹筋女子!

最近すごいですよね。

インスタでも『#腹筋女子』で大量の美腹筋画像がupされています。

ちょっと前まではこんなに女性が筋トレをやることは一般的じゃなかったんですが、

自分の身体を鍛えて、より美しく見せることに関心をもつって、素晴らしいことですよね。

今回は、最短期間で誰もが羨む腹筋女子になるための方法を書いていきます!

スポンサーリンク

女性が腹筋を割るのは難しい?

男性と違い、筋肉がつきにくい、脂肪がつきやすいと言われている女性の身体。

たしかにこういったところに男女差はあります。

ただ、筋トレをすることで筋肉が発達すること、

運動によって脂肪がエネルギーとして使用される(脂肪が燃える)ことは、

度合いは違っても、男性も女性もおなじです。

 

なので、女性も腹筋を割ることは可能です。

しっかりとトレーニングを行い、適切な食事を心がけて継続すれば、

絶対に腹筋が割れない人などいません。

腹筋は腹筋運動だけでは割れない

腹筋を割るには、トレーニングは腹筋運動をやればいいかといえば、

必ずしもそうではありません。

たしかに、腹筋の凹凸を目立たせるためにも、

腹筋群そのものを鍛えて、発達させることは大切なことです。

 

ただそれ以上に、

筋肉の上を覆う、皮下脂肪を減らすことの方が重要です。

どんなに腹筋を鍛えても、

皮下脂肪が厚ければ、中にある腹筋の凹凸は見えてきません。

 

筋肉(腹筋群)を鍛えるだけでなく、

皮下脂肪が多くある場合は、それを減らす努力が必要です。

そのためには、腹筋以外の部位のトレーニングや、食事にも気をつかう必要があります。

脂肪燃焼を促すためのトレーニング

脂肪燃焼を促すには、

  • 自律神経を整えること
  • 内臓の機能を良好に保つこと
  • 日常生活よりも強度の高い運動をすること

こういったことを行うと効果的です。

 

特に筋トレは、筋トレ後に脂肪燃焼効率が高くなり、

しばらくの間、それが持続することが知られています。

そのため、筋トレは腹筋だけでなく、全身の筋トレを行うことで、

より脂肪燃焼を促すことが効果的です。

特に大きな筋肉を鍛えることで、その効果はより高くなり、

ボディラインもメリハリがでてきます。

大きな筋肉とは、

  • お尻
  • 太もも
  • 背中

こういった部位の筋肉です。

どの部位も、女性にとってはお腹周りと同じように気になる部位ではないでしょうか?

腹筋だけに固執せず、各部位をまんべんなく鍛えることで、

より脂肪燃焼効率も高まり、

腹筋が割れやすくなるのと同時にスタイルアップも期待できます!

 

自律神経を整えたり、内臓の働きを活性化することも効果的ですが、

これもバランスの良い筋トレが役立ちます。

姿勢の改善や適度な運動による精神的なリフレッシュ効果によって、

乱れがちな現代人の自律神経を正常化させ、内臓の働きも活性化できます。

ウエストのくびれづくりも、腹筋を割るにも、食事は重要

腹筋を割る目的であろうとなかろうと、

食事はウエストのサイズに大きく影響します。

ウエストの中は、内臓ですからね。

胃袋や腸が入っています。

消化の悪い食事をしていたり、便秘が続けは、

あなたがどんなに腹筋を筋トレで鍛えても、ウエストが引き締まることはないでしょう。

 

食事はバランスも重要ですが、

「温度」も影響します。

これからどんどん暑くなってきますが、

冷たいものばかり食べたり飲んだりしていると、

どんどん内臓の代謝は下がっていってしまいます。。

1日のなかで必ず最低1回は、温かいスープや飲み物を飲むようにしましょう。

『寝る』これがとっても大切

ダイエット目的でも、腹筋を割ることが目的でも、

あなたが変えるために絶対にやらなくてはならないことが「睡眠」です。

活動的な人ほど、睡眠をおろそかにしがちです。

 

ただ、睡眠不足は

体の変化に良い影響を何ひとつもたらしてくれません。

 

トレーニングで筋肉を鍛え、

食事によって筋肉に栄養を与えたら、

あなたがやるべきことは、『身体を休ませること』です。

この休んでいる期間に、筋肉は発達し、

現在の身体より『腹筋が割れる身体』にすこしずつ変化していきます。

 

一見、何の変哲もないシンプルなことなのですが、

腹筋だけでなく、全身の筋トレを行い

適切な食事をとり

しっかり睡眠時間を確保して身体を休める

この繰り返し以上に、腹筋を短期間で割る方法はありません。

つまり、このなんでもないシンプルな方法こそが、

あなたの腹筋を最短期間で割るための最も適切な方法なのです。

下手な小細工や、目新しい方法に飛びつく必要は全くありません。

昔から普通にいわれていることを、普通にやりさえすればいいんです。


▼「いいね!」すると最新情報をお届けします!▼

-カラダづくりのコツ, ダイエット・ボディメイク
-,