洞察力

東京都小金井市在のトレーナー瀧本銀次朗が運営するパーソナルメディアです。

ダイエット・ボディメイク

ダイエットを始めるとき、食べることを控える前にやるべきこと

東京都武蔵野市・小金井市のご自宅出張専門パーソナルトレーナー瀧本銀次朗@PerformarsAct)です。

ダイエットに本格的に取り組み始める人も、どんどん多くなってきました。

おかげさまで、5月の初回体験割引は定員を迎えました!ありがとうございます!!

 

太ることの根本的な原因は食べ過ぎです。

だから、食べること自体を我慢することから始めるというのは間違いではないです。

ただ、食べるのを我慢するってどうなんでしょうね?食事って、必要だからたべるものでしょ?

必要以上に食べてしまっているのを最適化することがダイエットなので、結果的には自分がたべるのを我慢しているのと同じかもしれません。

ただ、いつまでも「我慢」という感覚でいることは大きな問題です。

ダイエットの本来の意味は食事制限でなく、食生活の改善です。

だからまずダイエットで考えるべきことは、「ちゃんと食べているか?」ということです。

スポンサーリンク

食べるのを我慢する前にやるべきことは「食べる必要があるものをしっかり食べる」こと

たべる必要があるもの→必要な栄養素

これを摂取できているのかが、大きなポイントです。

摂取カロリーがどのくらいまで行っているのか?というのももちろん重要ですが、いちいちカロリー計算しながら食べるのは結構な手間だし、絶対に誤差が生じます。

細かいカロリー計算を自分で頑張ってやっているのに、「痩せない!」と嘆いてしまう人もいますが、そりゃそうなんですよ。100kcal摂取カロリー控えたからって、必ず100kcalぶん痩せると思ったら大間違いです。

そのままどんどん痩せていったら、身体にとっては危機的状況が起こることになります。

それをあなたの身体はちゃんと感じ取って、消費カロリーを減らそうとするんです。カロリー制限しても痩せなくなってきたときは身体が悲鳴を上げ始めているサインです。「もう頼むから栄養をくれ!!」と。

身体にとっては給料払われずに(栄養与えずに)労働させられてるようなもんです。そりゃパフォーマンス下がりますよね。

こうならないためにも、食べるべきもの=身体にとって必要な栄養を、しっかり食べることがとても重要です。

ダイエットするときに食べるべきものはこれだ!

最優先は「たんぱく質」です。

たんぱく質は細分化すると、「アミノ酸」という物質になります。このアミノ酸は、身体の組織のもとです。内臓、筋肉、骨、肌、髪の毛、爪…健康面でも、美容面でも、たんぱく質は絶対に欠かせない要素です。

こう書くと、たんぱく質さえとっていればいいのか!と思ってしまうかもしれませんが、そういうことではありません。

みんなバランスよく、というのはそれはそうなのですが、自分でやるとしたら、イメージとしてはたんぱく質をしっかり意識して摂取するとバランスがよくなりやすいです!ということであって、たんぱく質以外の栄養素(炭水化物・脂質・ビタミン・ミネラル)も、もちろん必要です。

私たちの食生活は、ほとんどが炭水化物で成り立っています。炭水化物も重要な栄養素なので悪いことじゃないんですが、そのぶんたんぱく質が不足しがちです。

たんぱく質の摂取を意識することで、そのぶんほかの栄養の過剰摂取を控えることができるようになります(たんぱく質もとって、ほかの食事を今まで通りにしていたら、そのぶん太ってしまいますが…)

ある意味での食事内容の『置き換え』をすることによって、ダイエットをすすめていくことがオススメです。置き換え後の食事のほうが、案外健全な食事だったりするもんです。

ただ、過剰なたんぱく質摂取や、ほかの栄養素の不足はもちろん身体のためにはなりません。できることなら定期的に食生活の状況のアドバイスをしてくれるパーソナルトレーナーを探していただいたほうがいいと思います。

ダイエットとは『食生活の改善』であって、痩せることじゃない

痩せるというのは、減量とかサイズダウンであって、ダイエットそのものに痩せることを求めちゃいけません。ダイエットの結果、痩せることがあるというだけです。

それなりに活動量の多い人なら、減量が行き過ぎると活動量を維持することはできなくなってしまいます。

活動量の多い人といえば、主婦の方々はかなり活動量は多い方です。ご飯をつくって、子供の送り迎えをして、洗濯して、掃除して、買い物して…毎日の身体活動量はご主人よりも多いかもしれません。

そう考えると、ある程度体内に溜め込んでおくエネルギー量はあった方がいいですし、筋力・持久力や疲労回復能力は優れていた方が絶対にいいです。

体型を意識するがあまり、重い荷物が持てなくなったり、1日の家事をこなすだけの体力がもたなくなってしまっては意味がありません。

筋力といっても、ジムで重いバーベルやダンベルを支えるだけの筋力は必ずしも必要ありません。自分の身体を支えたり、コントロールできるだけの筋力があればじゅうぶんです。

自分の身体を支えたりコントロールできるくらいの筋力が備わった体型は、無駄な脂肪が少なく、筋肉によって適度に引き締まっている体型になります。中身はもちろん、見た目にも健康的な身体が出来上がるんです。

ダイエットとあわせて筋トレをお勧めする理由はここにあります。よりキレイな体型になるためにも、より健康になるためにも、食生活の改善と運動とを合わせて行う方がずっと高い効果がでます。

 

ダイエットすることによって、結果的に痩せることはあります。ダイエットを必要としている人の多くが、食生活の乱れによって余分なエネルギーを「脂肪」として身体にためこんでしまっているからです。

もし余分なエネルギーをあまり持っていなくて、それ以上に痩せようとしたら…

体重はもちろん減ると思いますが、それは筋肉量や内臓、生殖器官などの大切なものを退化させることで減っています。

あなたは体重さえ減れば、減るものが大切なものであったとしても、平気ですか?

それだけ「体重を減らす」ということに固執するのは、愚かな行為です。

なぜ減らす必要があるのか、どこまで減らすことが理想なのか、それがちゃんと説明できなきゃ、どんなに体重を減らしたくても私は協力しません。

身体はひとつしかないんですよ。自分の気分にまかせてもてあそぶようなことをしちゃいかん。

多くの人がやっている、こういう痩せ方は絶対に途中で挫折しますから。身体のためにもリバウンドの罪悪感を味あわないようにするためにも、絶対にやっちゃいけないことです。


▼「いいね!」すると最新情報をお届けします!▼

-ダイエット・ボディメイク
-