洞察力

東京都小金井市在のトレーナー瀧本銀次朗が運営するパーソナルメディアです。

アスリート 考えていること

スクワットやベンチプレスでパフォーマンスが上がる人、上がらない人がいるのはなぜか?

こんにちは。トレーニングコーチの瀧本銀次朗です。

競技パフォーマンスをより向上させるため、アスリートたちは毎日ハードなトレーニングを繰り返し行っています。

戦術的なトレーニングから、個人技術を高めるトレーニング、フィジカル強化に特化したトレーニングなど、試合までの時期やそのチームによって様々です。

特にここではよく書くようにしているんですが、トレーニングにおいて大切なのは、「何をやるか?」ではなく「何のためにやるのか?」ということです。

「向上させたい能力を抽出して、それをしっかり鍛えること」を考えさえしていれば、下手にあれこれと新しいトレーニングに手を出さずにすむんです。

たとえば筋トレは必要だとかいや不必要だとかいう議論がなされる時もありますが、そんなの人によりけりであってどっちが正しいなんて決められるわけないんです。

筋トレの中にも、最近はスクワットやベンチプレスのようなエクササイズよりも重量を使わない体幹トレーニングがいいとか、より競技動作に近いトレーニングをしたほうがいいとか、いや動作を鍛えるんだとか、呼吸を鍛えるんだとかいろいろあるのですが、

これも「どれがいいか?」は「そのアスリートがパフォーマンスアップのために何の向上を必要としているか?」を判断しなきゃわかりません。

方法論ばっかりが先走りする考え方を改めなきゃ、パフォーマンスアップのためのトレーニングは運で見つけるしかなくなってしまいます。

情報があふれている今現在、そんな雰囲気かなりあるんじゃないでしょうか?

スポンサーリンク

スクワットやベンチプレスは必要か?

ウエイトトレーニングをフィジカル強化の一環として取り入れているチーム、アスリートはスクワットやベンチプレス、場合によってはパワークリーンやスナッチなどのクイックリフト種目を取り入れているかもしれません。

こういったエクササイズによって、基礎筋力・ベーシックストレングスなどと呼ばれる身体から大きな力をだすための基盤を強化していくことが可能です。

ただそれが、「パフォーマンスアップにつながる」と100%いえるのかというと、そうじゃなくて。

  • 著しくパフォーマンスが向上する場合
  • かわらない(変わった実感がない)場合
  • パフォーマンスが低下する場合

それぞれどの反応が起こるのかはアスリートの状態によって違います。

著しくパフォーマンスが向上したアスリートは、ベーシックストレングスの向上がそのアスリートにとってパフォーマンスを向上させるために重要な要素だったということです。

ただ、それはその時はそうだっただけであって、それ以上にさらにスクワットやベンチプレスをやりこんで挙上重量が向上すれば、それだけまたパフォーマンスが向上するかといえば、そうとも言い切れません。

残念だけど、そんなに都合のいい話はないんです。

目的と手段の順序を間違えないこと

ある目的があって、それに見合った手段を選ぶ、というのが正しいやり方ですが、これが真逆になることがよくあります。

「スクワットはバレーボール選手に必要か?」

「ベンチプレスはバスケットボール選手に必要か?」

という考え方は、目的と手段が真逆になってしまっている考え方です。

バレーボール選手が「何を求めて」スクワットという手段をやろうとしているのか?

バスケットボール選手が「何を目的に」ベンチプレスという手段を選んだのか?

求めているもの、目的によって、その手段が正しい手段なのかどうかは変わります。

 

だって、ジャンプ力高くしたいのにジャンプトレーニングよりベンチプレス頑張るとか矛盾してるでしょ?

(…といっても、ベンチプレスやることが垂直跳びの向上につながることもあるので…役に立たないなんていいきれないんですけどね)

この目的と手段の順序、そしてなにより目的の明確化は、トレーニングをするなかで選手とトレーニング指導者、コーチとトレーニング指導者のなかで常にコミュニケーションをはかりながらやる必要があると、最近は本当に強く感じます。

求めている目的以外の副産物があるという嬉しいサプライズもフィジカル強化には期待できますが、その逆が起こる可能性もあります。

それを未然に防いだり、即座に対応するためには、トレーニングだけて見ていてもわかんないことばっかりです。

トレーニング指導者も練習や試合はしっかり見て、その競技を深く学ばなきゃいけないな、と思うのです。

ってことで最近はもっぱらyou tubeで過去の試合を洗いざらい見ています。

おめめがいたい。


▼「いいね!」すると最新情報をお届けします!▼

-アスリート, 考えていること
-, ,