洞察力

東京都小金井市在のトレーナー瀧本銀次朗が運営するパーソナルメディアです。

カラダづくりのコツ カラダの痛み ダイエット・ボディメイク パーソナルトレーニング

ダイエットだけがパーソナルトレーニングじゃない。瀧本銀次朗がダイエット・シェイプアップと腰痛改善を同時に行う理由

クライアント様の多くは、ダイエット目的以外のご要望をあわせて持っている事が多いです。

特に女性クライアントに多くいらっしゃるのは、慢性的な腰痛に苦しんでいる方です。女性の場合、妊娠された頃からずっと慢性的な腰の痛みに悩まされてもう10年以上経ちます…なんてこともざらにあります。

出張パーソナルトレーナーをはじめて5年になりますが、ご縁をいただいたクライアントのほぼ全員が、何かしらの痛みや不安感に悩んでいました(当初の目的はダイエット・スポーツのパフォーマンスアップなど様々でしたが)。

なかには、考えられる治療を手当たり次第に試し続け、それでも腰の痛みが改善せず、最後の望みとしてご依頼をいただいた方もいました。

 

ダイエットやボディメイクに強いパーソナルトレーナーは沢山います。自らフィットネスコンテストなどにも出場し、その実力を証明されている方もいます。

また、腰痛などの痛みへの対応は、整骨院や治療院、整体などが一般的です。最近では、対処療法だけでなく、再発予防にも力を入れている治療院も存在します。

ただ、そのどちらもを求めている時、少なくとも2か所の施設に通い、2人以上の専門家に身体を見てもらわなくてはなりません。

学んできた分野が違うと、身体へのアプローチの順番や方法も違います。

その2人が同じ考えのもとで対応してくれれば良いのですが、そうではないとき(たいていは同じアプローチにはなりません)、当事者であるこちらは「一体何を信じたら良いのか?」と混乱してしまいます…

 

私が「腰痛改善」「ダイエット専門」「ボディメイク専門」とひとつに特化せず、包括的なアプローチを心がけている理由はここにあります。

特に力を入れているのは、「体型と体調の改善」です。多くの人が求めるシェイプアップ効果をだしながら、腰痛をはじめとした関節痛の改善を同時進行で行うことで、健康かつスタイルのいい身体を手に入れていただくためのプログラムをご提供しています。

身体の悩みは、ひとつとは限りません。「ひとつの分野」ではなく「ひとつの身体」「ひとりのヒト」にしっかり対応できるトレーナーこそが今、いちばん求められています。

スポンサーリンク

腰痛持ちの方の、フィットネスクラブでのダイエットの限界

まずダイエットのために運動をしようとすると、浮かびやすいのはフィットネスクラブの利用です。

ただ、せっかくフィットネスクラブに行って痩せようと思っても、腰の痛みが邪魔をして思うように運動できなかったり、そもそも仕事と家事の両立でフィットネスクラブに通う時間自体をつくるのが難しく、こうなると月会費を払うのがとてももったいなく感じます。

また、フィットネスクラブは多くの会員が同時に施設を使用します。初心者から上級者まで、若い方から高齢な方まで、様々な世代、目的を持った人が同じ箱の中で運動しています。

ダイエット目的なら、もちろん施設内では一生懸命運動をしたいです。ただ腰痛を抱えているのなら、その日の体調を確認しながら、強度や種目を選ぶことが良いのですが…公共の場ではそう自分のペースで全てを行うことはできません。

施設によりますが、長年会員として利用している人が我が物顔で施設を占領していたり、やたらと人に話しかけるのが好きな人がいたり、身体の大きい男性がしかめっ面でトレーニングしていたり…

施設がいくら充実していても、それだけ使用している人が多ければ、自分のやりたいペースで必ずしも運動ができるとは限らないのがフィットネスクラブです。

正直に言うと、真面目に身体を変えたいのなら、フィットネスクラブは最適な環境とはいえません。マシンが沢山あると一見効果の高いトレーニングができそうですが、そんなことはないんです。あなたが全てを好きなタイミングで使えるわけじゃないんですから。

 

フィットネスクラブは快適に運動ができる環境が揃っているので、運動不足の解消や体力・体型の維持には最適です。

例えば、定期的な運動習慣をつけたい方にとっては良い環境かもしれませんが、初心者は習慣になる前に妥協してしまったり、ましてや腰痛持ちの場合は、ふとした時に腰痛の悪化を招くことになります。

身体を変える、という効果をフィットネスクラブに求めるのは求めすぎです。ある程度のアドバイスをインストラクターから受けることはできるかもしれませんが、インストラクターのなかには学生のアルバイト(私もやっていましたが)もいます。

的確なアドバイスを受けることができる保証はどこにもありません。

入会してみて、なんとなくやってみて、なんとなく足が遠のいて、結局なんの効果も得られずやめてしまう…こんなことがフィットネスクラブでは日常茶飯事のように起こっています。

ダイエットジムなら自分のペースでできる?

「周りのことを気にせずにダイエットのためのトレーニングをするのなら、個室のダイエットジムのようなプライベート空間でやるのがいいかも?」と思いきや、

ここにもいくつかの障壁があります。

ひとつが、時間の拘束の問題です。

大半のダイエットジムが週に2回のトレーニングに来店することを強要されます。

これは筋肉をつけてボディラインや基礎代謝量を改善するには効果的かもしれませんが、そうそうコンスタントにまとまったトレーニングの時間をとることなんてできません。

たいていのダイエットジムが1回50〜75分間のトレーニングを週2回行うプランを提供していますが、移動時間を含めたらもっと時間は必要です。

もし家の目の前にジムがあったとしても、準備に15分、移動に5〜10分、トレーニング後のシャワーや着替えに30分以上はかかります。

これだけで1時間弱!トレーニングと合わせたら、2時間以上の時間を週に2回もダイエットジムに通うために割かなくてはならなくなります。

 

また、トレーニングの時間の中の50〜75分の間には、身体のケアの時間が含まれていないことがとても多いのが現状です。

多少のウォームアップの時間はあるものの、めいいっぱいトレーニングしたらそれで終了。これは身体に問題のない人ならそこまできにする必要はありません。

ただ、腰痛を抱えている場合、メインのトレーニングを始める前の準備と、トレーニング終了後のケアはとても重要な役割を果たします。

これをおろそかにしてしまうと、トレーニングによってさらに腰痛が悪化してしまうかもしれないのです。

確かに、自分のペースで周りの視線も気にせずにトレーニングできるダイエットジムはダイエットには効果的かもしれません。

ただ、身体になんらかの痛みや不安、怪我を抱えている場合、それにも対応できる環境が揃っているとは言い難いです。

担当するパーソナルトレーナーが腰痛の対応に強いか?

パーソナルトレーナーのブログやSNSを見ると、圧倒的にボディメイク系の専門家が多いことがわかります。

男性だと上半身裸の写真を載せていたり、女性でもコンテスト時や自身のトレーニング時の写真を載せていることがありますが、さすがプロといった感じで、皆さんとても鍛え上げられた肉体をしています。

たしかに、ハイレベルな体型を求める方にとって、お手本となるような体型をしている方から指導をしてもらうことは良いことです。

 

ただ、「パーソナルトレーナー=身体のことならなんでもわかる」というのは間違いです。

 

ボディメイク(身体のラインを整え、美しく見せる)ことと、腰痛などの疾患への対応は、同じ身体のことであっても学ぶ分野が違います。

パーソナルトレーナーが医療現場やスポーツ現場での経験が少ない場合、腰痛などの身体の痛みへの対処や予防への知識が乏しいことがあり、腰が痛いと訴えれば「無理せず休んでください」「できる範囲でやってください」というありきたりな返事しか返ってこないことがよくあります。

逆に、いくら身体の痛みへの対応ができても、パーソナルトレーナーが自身でトレーニングを行わず、良い体型、優れた体力を維持できていないとしたら、ダイエットやボディメイクの効果は期待できません。

彼らは知識はあるかもしれません。ただ、自ら実践し結果を出したことがないので、あなたのダイエット中の苦しみを心から理解してくれることはないでしょう。機械的に教科書にのっていそうなセリフを繰り返し言われるだけでおしまいです。

こんなトレーナーと一緒にトレーニングして、頑張れるはずがありません。

 

どちらのタイプのパーソナルトレーナーについてもらっても、成果を上げることもできなければ、依頼したことを強く後悔することになります。

パーソナルトレーニングは決して安い買い物ではありません。レジャースポーツのような娯楽なわけでもありません。

パーソナルトレーニングは、より良い身体になってより生活を快適にするための自己投資です。

間違った選択だけはしたくありません。

なんでも悩みを相談できるパーソナルトレーナーがいい

パーソナルトレーナーにいちばん求めたいものは、「身体の悩みをなんでも相談できる相手であること」「その悩みを解決するために適切な方法を使って、望む方向に導いてくれること」です。

症状に合わせてトレーナーを変えるなんてことはナンセンスです。自分の身体と真剣に向き合ってくれるトレーナーにみてもらうことがいちばんいいんです。

ただトレーニングプログラムを一方的に提供し、それに沿って行えているかどうかを管理するだけでは、パーソナルトレーナーの役割として不十分です。パーソナルトレーナーの労力がその程度では、成果を出せるどころか、トレーニングを続けるモチベーションは絶対に維持できません。

体型のことだけでなく、腰痛などの身体の痛みのことだけでもなく、食事やサプリメントのアドバイス、原因のよく分からない身体の不調など、不安になることや悩み事は尽きないのです。

マンツーマンが売りのパーソナルトレーナーは、その全てを網羅し、親身になって解決の方向へ導いてくれる存在であってほしい。マニュアル通りの指導なんてパーソナルトレーナーには誰も求めていません。自分にあったやり方を教えてほしいのです。

いちばん必要なのは、マルチな対応ができるパーソナルトレーナー

どの業種も特化型が流行っていますが、パーソナルトレーナーに限っていえば何かひとつの「要素」に特化してしまうのは、要望を満たすことができない原因になります。

身体の専門家としてマルチな対応ができる、「かかりつけの町医者」のようなパーソナルトレーナーこそ、いちばん必要とされるトレーナーです。

 

フィットネスコンテストに出るようなキレキレの身体になりたいのなら、ジムに通ってボディメイク専門のパーソナルトレーナーに指導を受けた方がいいです。

同じように、身体の痛みをいち早く緩和したいのなら、治療を受けることが最も効率が良いです。

ただ、身体を引き締めつつ、治療も必要のない身体になりたいのだから、やはりこれは同時進行できる方法を模索するべきで、それができる指導者とトレーニングを行うことが最も効率よく効果を出すことができる方法です。

 

私がダイエット・シェイブアップなどの体型に関わること、腰痛などの痛みに関わること、これらを同時に改善するプログラムをご提供している理由は、ひとえにクライアントの要望を余すところなくしっかりと満たすためです。

身体はひとりにひとつしかない大切なものです。

だからこそ、悩みはひとつではないのが当たり前です。

ひとりのパーソナルトレーナーがひとつやふたつのことしか改善する方法を知らないというのは、ダメなんです。

 

ひとりの身体としっかり向き合い、そのひとつの身体に起こるあらゆる物事を解決するパーソナルトレーナーでありたい。

そのためには、パーソナルトレーナー自身が、身体にまつわるあらゆる知識と改善方法を身につけている必要があります。

最適な環境づくりのために、場所を選ばない「出張型」を続けています。ジムに通わなくたって、健康で引き締まった美しい身体をつくることは十分にできるんです。

ジムに移動する時間があったら、他のことに時間を費やしましょう。週に2回トレーニングの時間を無理やりつくるよりも、1日に10分や20分でいいから身体と向き合う時間をつくり、日常生活の中で少しづつ身体を変えてきましょう。

そのためには、1〜2週間に1回、出張パーソナルトレーニングを受けていただくだけでも十分です。

 

出張パーソナルトレーニングにご興味のある方はこちらからお申し込みください!

 


▼「いいね!」すると最新情報をお届けします!▼

-カラダづくりのコツ, カラダの痛み, ダイエット・ボディメイク, パーソナルトレーニング
-, , , , ,