頭のなか

Google検索やSNSで簡単に情報が得られる今でも、本を読んだほうがいい理由

今月号届いたゼェ! #ダイレクト出版 #タイトルが危険 #悪用厳禁 #月間ビジネス選書 #マーケティングのお勉強

パーソナルトレーナー瀧本銀次朗さん(@ginchan_personal_trainer)がシェアした投稿 -

東京の自宅出張パーソナルトレーナー瀧本銀次朗@ginchantrainer)です。

今年に入ってから、ダイレクト出版の書籍の定期購入を始めました。

毎月、出版社側が選んだ、店舗では買えないビジネス書籍を家まで届けてくれる、というサービスです。

Facebookの広告でよくでてくることもあるので、知っている人も多いかもしれませんが、

ダイレクト出版の書籍は、書店では絶対に買うことのできない洋書を日本語訳していて、価格もやや高め。

普通のビジネス書籍って、だいたい1,300円〜1,800円くらいだと思いますが、

ダイレクト出版の取り扱い書籍は、一冊約3,000円。

ただ、これだけのお金を出す価値はあると思っています。

今日も今月の月間ビジネス選書が届いたのですが、一気に読み終えてしまいました。

今月は、ちょっと意味深なタイトル。

勝手に顔も詐欺しそうな顔になってしまったw

 

ただ、著者があのダン・ケネディですからね。読まないはずがありません。

ダン・ケネディを知らない!という方は、ぜひこの本を読んでみてください。

いまなら、送料550円だけでこの本をもらえます。

 

別に詐欺の仕方を書いてあるわけじゃなくって、

どうしたら顧客に商品やサービスの価値を感じてもらうことができるか、という観点からの本でした。

 

本の内容はともかく、わざわざこうして3,000円というやや高の本を毎月読んでいるのにも訳があります。

これだけの情報社会ですから、うまくFacebookやTwitter、Googleで情報収集すればいろんな知識が身につく時代です。

それでもなお、私は紙っぺらを買い続け、読み続けています。

ダイレクト出版に限らず、書店の本だってもちろん読んでるし、幅広いジャンルの本を読み続けています。

 

前置きが長くなりましたが本題です。

なぜ、わざわざ本を買って読んでいるのか?

その理由は、結構単純なものです。

スポンサーリンク

お金を払わなきゃ得られない知識がまだまだある

タダで手に入る知識というのは、誰でも探せば手に入るものなんです。

ネットで検索して知識を得ることは悪いことではないけれど、その情報が、いちばんいい情報なのか?というとそうではなくって。

まだ世間に広く出回っていない新しいものを取り入れるには、お金払ってでも動かなきゃいけないんです。

ネットの情報がすべてではありません。まだまだネットに書かれていないことなんて、どの分野も山ほど残されています。

ネットの情報は断片的だけど、書籍の情報は1冊でも超膨大

まとめサイトの普及で特に、ネット上の情報はシンプルなものが好まれるようになりました。

ただ、そのシンプルさが故に、書かれている内容は断片的・表面的なものばかりです。

「なぜ」「どうして」「どんな経緯、過程で」というところが抜けていることが多い。

こういう情報ばかりになれてしまうと、情報への依存が強くなっていきます。

情報への依存、それは自分で考えるという機会をどんどん減らしてしまうことになります。

一方で読書は、ひとつの大きなテーマについて、一貫性のある情報が一冊に膨大に含まれていて、

多くの情報を頭に取り込むことができるほか、それをどう活用するのかを自らの頭で考えるいいきっかけにもなります。

その証拠に、今日1冊読んだだけで脳内フル回転中です。眠れないww

一貫性のある情報に触れると、効率良く頭を使える

ビジネス書籍のような実用書でいうと、書かれている事例を自分のビジネスに置き換えて考える、ということが容易にできます。

これって、よく順序立ててまとまっている本じゃないとできないことです。

良書に出会うと、その本一冊だけでかなりのアイデアや新しい価値観を生み出されてきます。

これに近いことをスマホでやろうとしたら、noteくらいしかないかなぁ。

実際、noteで数名の方の購読はしています。

ただまだ、本には勝てない感じ。

出版社に認められた内容ですからね。

本の方が読みやすいに決まってるんですよ。

読書は自己投資。自己投資はケチっちゃいけない。

私は「トレーニング・からだづくりは自己投資だ」と言っていますが、

読書もまた、自己投資のひとつだと思っています。

自分を高める作業なのに、お金と時間を惜しむってのはとてももったいないことです。

 

ブログを書く側でもある私がいうのもなんですが、

ブログやSNSで得た知識だけで自分を高めることは不可能です。

予備知識、補足情報としての活用や、リアルタイムでの情報収集には適しているけど、

その中身の内容はまだまだ紙ベースの書籍の方が上です。電子書籍でもいいけど。

 

より詳しく、深く理解するためには本を読むのがいい。

それよりも深く理解するには、実際にやるのが一番です。

実戦に勝るものなし。言葉や文章では表現できないことは沢山あります。

 

あとは、投資の金額は基本的に高い方がリターンが多いです。

基本的に、ですけどね。

詐欺じゃない限り、それだけ希少性のある、お金を出す価値のあるものだということですから。

もし同じ3,000円を費やしたとしても、

一冊3,000円の本から得られる知識を、1,500円の本2冊読んだって得ることはできません。

自分を高めるために必要なことなら、惜しまずにどんどんやるべきです。

 

さ、明日もまたブログ書こう。


▼「いいね!」すると最新情報をお届けします!▼

-頭のなか
-