カラダづくりのコツ ダイエット・ボディメイク

本気で綺麗になりたいなら、とりあえず体重ははかるな。

東京の自宅出張パーソナルトレーナー瀧本銀次朗@ginchantrainer)です。

ダイエットに関する記事にはほぼ毎回書いているのですが、

ダイエットと体重は関係ないし、

体重の重さで美しさは決められていません。

これは紛れもない事実です。

 

それでもまだ、ネットや雑誌では、「◯◯キロやせた!」なんていう情報ばっかりです。

ホント何なんでしょうね。体重関係ないってば。

 

…と、誰しもが割り切ることができれば苦労はしません。

これまでの私たちに提供されてきた情報は、体重が何キロおちたか?というものでダイエットが成功しているかどうかを評価しているものばっかりです。

 

だからあなたもきっと、毎日体重計に乗っていると思います。

思った以上に体重があった日は、ため息をついて1日憂鬱な気持ち過ごしていることでしょう。

もしくは、現実を見るのが嫌で、体重計にはのっていないかもしれません。

 

どちらにしても、これからダイエットをはじめたり、もっと綺麗な身体になりたいと望んでいるのなら、

わたしからまずはじめに伝えたいことは、たったひとつだけです。

スポンサーリンク

とりあえず体重計にはもう乗るな

体重なんて、関係ありません。

体重が重くても健康な人はいるし、美しいスタイルをキープしている人もいます。

あなたのダイエットの目的は、

  • 身体を引き締めたいから
  • もっとスタイルが良くなりたいから
  • 自分の身体に自信を持ちたいから

こういったもののどれかか、その全てでしょう。

これらを達成することに、体重の増減はどのくらい関係があるでしょうか?

答えは明確です。関係ありません。

体重の増減は結果論で、それがスタイルに影響するわけではありません。

身体を引き締めるための運動や食事などを繰り返すことで、体重が落ちることもある、というだけです。

 

だから、体重なんてはかる必要ないんですよ。

やるべきことをきちんとやっていれば、身体は変わっていきます。

 

それを体重の増減を見ることで「減っていない…」と落ち込んで挫折してしまったり、

逆に「減ったからもっと減らすために食事制限しよう!」なんて無茶をして

いままでのトレーニングを台無しにしてしまう人を数え切れないほど見てきました。

 

今日からもう体重計には乗らないでください。

少なくとも、体重の増減で感情を揺さぶられてしまううちは、乗れば乗るほどダイエットには逆効果です。

太い・細いは体積できまる。質量は無関係だ

身体を引き締める、ということがどういうことなのかを考えてみると、

体重の増減に一喜一憂する必要がないことが良くわかります。

引き締める、ということは、サイズダウンしたい、細くしたいということです。

つまりこれは、「体積」や「周囲径」の問題です。

決して「体重」ではないんですよね。重さを測っても引き締め効果が出ているかはわからないんです。

 

だからやるべきは体重をはかることではなくって、

きになる部分のサイズを測ることです。

ウエストは何センチか、太ももは何センチか。

身体を引き締めることが目的なんだから、引き締まっているかどうかを見るべきです。

体重が軽くなっているかなんて、身体を引き締めることになんの関係もありません。

メジャーひとつあれば、サイズは簡単に測ることができます。

毎日測らなくたって、鏡の前で自分の身体をよく観察するだけでも違うでしょう。

できれば写真で全身の姿を記録しておけると理想です。

こっちのほうが、体重を測るよりもずっと合理的だし、効果的です。

もしそれでも体重をはかりたいのなら

それでもやっぱり体重をはかりたいのなら、

体脂肪率を同時にからなず測ってください。

むしろ、体重と一緒に体脂肪率をはかることは、健康状態を管理する意味ではとても良いことです。

体重の増減に下手に惑わされない人なのであれば、かえって体重(と体脂肪率)は毎日測定して欲しいくらいです。

 

体重と同時に体脂肪率をはかることで、身体が良い方向に変化しているかどうかの指標のひとつとして活用することができます。

体脂肪率は「全体重のなかに占める脂肪の割合」です。

つまり、身体のなかの何割が脂肪なのか?ということがわかるんです。

もし体重50kgで、体脂肪率が20%なら、50kg×0.2=10kg

体重50kgのうち、10kgが脂肪ですよ、ということです。

ただ、多くの体組成計(体重だけでなく体脂肪率やBMI、基礎代謝量などが測定できる機械)は、体脂肪率はおおよその推定値でしかわかりません。

測るごとに0.1~0.2くらいの誤差は当たり前のように出るし、体組成計によって出る数値もちょっと違います。

それでも、日々の体重と体脂肪率の変化をたどることで、健康的なダイエットがうまくできているのかの判断材料としての活用はできます。

体重だけでなく、体脂肪率を同時に測ることのメリット

たとえば、体重が2kg落ちていたとします。

もしダイエット中のあなたがこれを体重だけを測っていることで知った結果だと、とても嬉しいと思います。

ただ、ここでひとつ落とし穴が。

その2kg、いったいなにが2kgも減ったんでしょう?

「脂肪でしょ!?」と思うかもしれません。

そうだと良いんですが、そうでもない時があるのが身体のしくみのこわいところです。

 

これを、体組成計で体脂肪率を同時に測っていると、詳しく知ることができます。

たとえば先ほどの例のように、体重が2kgおちて、体脂肪率は変わらない場合。

これだと、脂肪が落ちているとは言い切れません。

もちろん体重がおちているので、分母が減って計算がかわりますから、

2kgくらいの増減だと体脂肪率に変化が出てこないこともあります。

ただこれが5kg、10kgともなってくると、

もしかしたら、筋肉や他の臓器の機能が少しずつ失われているかもしれないんです。

それをいち早く察知して、対応するためにも体重と体脂肪率の推移を測ることは重要です。

体重なんて関係ない、そう理解できるまで体重ははかるな

こんなことを書いてもなお、ひとまず体重測定とはオサラバしたほうがいい、というのが私の本音です。

 

身体を引き締めるためには、筋トレを始めとした運動はもちろん、

たんぱく質を意識的に摂取するバランスの良い食生活、

そして、むくみの原因となる老廃物を除去するための日々の身体のケアが必要です。

 

  • 筋トレ
  • バランスの良い食生活
  • 日々の身体のケア

よくよく考えると、これをしっかりやれていれば、

不健康な痩せ方をする可能性は低いですよね。

だから、ある程度の期間、体重をはからなくたって別になにも問題はないんです。

もともと体重をはからずに生活している人なんて、たくさんいますから。

 

体重なんて、地球の引力が勝手に決めたものにすぎません。月や火星に行けば簡単に体重は軽くなりますw

でも、月や火星に行ったからって、あなたの「体型」はかわりませんよね。

 

もし今あなたに、5kg痩せたい、10kg痩せたいという目標があっても、

その根底にある動機は重さを軽くすることで解決できるものではないことのほうが多いです。

サイズダウンは体脂肪率の減少やむくみの改善のほうがよっぽど重要だし、

くびれや太ももを引き締めたい、ヒップアップしたい、という人はむしろ体重はあまり落とせないと思います。

 

あなたのダイエットの目的は、

「重さ」を軽くすることですか?

それとも、

「体型」を細くする、引き締めることですか?

自分がダイエットする理由をもう一度振り返ってみてください。

 

あなたのなかにある体重への依存がなくなるまでは、体重なんてはからないほうがいいです。

そのかわりに、鏡の前で毎日自分の全身をみて、定期的に写真におさめてください。

必要なら、きになる部分のサイズをメジャーではかっておくことをおすすめします。

 

ダイエットの最大の目的が「綺麗になりたい=見た目を良くすること」なら、

体重なんかより、見た目の変化をみるべきです。

ぜひ今日から、取り組んでみてください!


▼「いいね!」すると最新情報をお届けします!▼

-カラダづくりのコツ, ダイエット・ボディメイク
-, ,