トレーニング・コンディショニング 頭のなか

プロテイン飲めば筋肉つくはウソ

こんばんは。東京都・千葉県のご自宅出張専門パーソナルトレーナー瀧本銀次朗です。

「筋肉つけたい!」という話題になると、やっぱり『プロテイン』の話は絶対に出ます。

ただ、プロテインは筋肉量増量のマストアイテムではありません。プロテイン飲まなくても筋肉は付きます。

あれは別になにも特別なものではないです。

プロテインはただの粉。人によってはなくても平気。

スポンサーリンク

プロテイン飲まなくても筋肉は付きます

文章そのままです。プロテインに必ずしも頼る必要はありません。

プロテインは英語で「たんぱく質」と言う意味です。簡単にいえば、プロテインはたんぱく質の粉。たんぱく質は他の方法でも摂取できます。

食べ物なら、魚、鶏肉、豚肉、牛肉などの肉類、大豆、卵、乳製品などが代表的です。

筋肉つけたかったら、筋肉を食べればいい。単純にそういうことです。

粉末のプロテインは、こういうたんぱく質を含んだ食材から抽出したものを粉末状にしているだけです。「だけ」なんていい方したらメーカーさんに怒られちゃうかもしれないけど。

プロテインで効果を得るには、筋トレでしっかり筋肉を壊していることが大前提

プロテインは持ち運びも楽だし、食事でたんぱく質をとるよりも吸収が早いという利点もあるので便利なことは確かです。

ただ、便利なことと、効果が出る出ないはまた別です。

どんなにプロテインを摂取しても、筋肉がプロテインを欲していない限りは筋肉の増量には役立ってくれません。

筋肉をつけるには、まず筋トレで筋肉を壊すこと。壊れた筋肉が修復されるときにたんぱく質が必要になります。逆にいえば、壊れなきゃたいしてたんぱく質は必要ないってことです(こんな単純な話じゃないけど、だいたいあってると思います)。

筋肉は修復されるときに、前に味わった苦痛に筋肉が耐えられるよう少し強くなって修復されます(超回復)。これを狙うのが筋肉をつける、筋肉を大きくする、筋肉量をふやすために必要なことです。

まずは壊れなきゃはじまんない!積極的に壊しにいこう!

食事でいかに摂取するかも大切

食材からのたんぱく質摂取は常に見直しが必要になります。普通に暮らしていると、けっこうたんぱく質は取れていないことが多いからです。炭水化物はたらふく摂取できていると思いますが(笑

それに、食材から摂取するとたんぱく質以外のいろいろな身体に良い栄養素も一緒に摂取できます。

粉末のプロテインにももちろんカロリーがあるので、プロテインだけでたんぱく質を補おうとするとかなりの摂取カロリー量になるし、やめといたほうがいいと思います。

まずは食事で頑張ってたんぱく質を摂取。それでも足りない分やトレーニング直後はプロテイン!というスタンスが理想的です。


▼「いいね!」すると最新情報をお届けします!▼

-トレーニング・コンディショニング, 頭のなか
-,