洞察力

東京都小金井市在のトレーナー瀧本銀次朗が運営するパーソナルメディアです。

アスリート 考えていること

たくさんやったことが上達していくのは練習もウエイトトレーニングも一緒

こんにちは。トレーニングコーチの瀧本銀次朗です。

バレーボールならサーブ、スパイク、トス、レシーブ、ブロックといったプレーの質の高さが勝敗に大きく影響します。

なので、試合形式の練習や全体練習以外の時間にも、こういった個人技術の練習は常にアスリート達は欠かさず行っています。

それは紛れもなくその技術の精度を高めるためであって、

そのために、質の高い練習を圧倒的に大量にこなしている必要があります。

「質が良ければちょっとでいい」

「いや、質の前に量をこなすことが大切」

という議論は無駄です。

今自分ができる最大限のクオリティのプレーを大量にこなす。

これが、上達への一番の近道です。

これは、ウエイトトレーニングにもおなじことがいえます。

スポンサーリンク

ウエイトトレーニングもやりこめばどんどん重量が上がる

ウエイトトレーニングも、あるひとつのエクササイズを繰り返し実施すれば、基本的にはそのエクササイズで使用できる重量が上がっていきます。

トレーニングの原理原則に特異性の原理と呼ばれるものがありますが、この状況がまさに特異性の原理にあてはまります。

スクワットやりこめばスクワットで使用できる重量(挙上重量)が上がるし、ベンチプレスをやればベンチプレスの挙上重量が上がります。

スクワットでいえば、特異性の原理によって

  • スクワットという動作がうまくなった
  • スクワットの動作で出せる力が強くなった
  • スクワットで使用されている筋肉が強くなった

という反応により、スクワットの挙上重量が向上していくんです。

スクワットの挙上重量の向上が競技パフォーマンス向上につながる?

では、バレーボール選手がスクワットをやりこんで挙上重量が向上することで、バレーボール選手としての競技パフォーマンスは向上するでしょうか?

これは、

  • 向上する
  • 変わらない
  • 低下する

どの反応も起こる可能性があります。

正直、パフォーマンスが上がっているかどうかを判断するのはかなり難しいです。

体力以外にも、技術、戦術理解、判断力、コンビネーション、メンタル…どうグループ分けをしたら理想的なのかわかりませんが、パフォーマンスを構成する要素はたくさんあるからです。

なので僕は今はざっくり、

パフォーマンスの向上=勝負に勝つ可能性を高めること

として捉えていますので、そのつもりで読んでみてください。

パフォーマンスが向上するのはなぜか?

スクワットの挙上重量の増加に伴ってパフォーマンスが向上する理由は、

その選手のパフォーマンス向上に

「スクワット動作が上手くなること」

「スクワット動作でだせる力を強くすること」

「スクワット動作で鍛えられていく筋肉が強くなること」

のどれかか、もしくはすべてが必要だったからです。

当たり前のことだけど、パフォーマンス向上のために必要なことをやればパフォーマンスは向上します。

パフォーマンスが変わらない(変わらないと感じている?)のはなぜか?

これは、その選手にとってスクワットの挙上重量増加がパフォーマンス向上とは関係なかったからです。

といっても、他のことに支障が出ていないのであれば、スクワットは引き続き継続しておいたほうがいいでしょう。

なぜなら、他の要素がすべて同等だとしたら、フィジカルが強いほうが勝つからです。

パフォーマンスが低下するのはなぜか?

これはできるだけ避けたいです。

こうなる可能性としては、

  • 他のトレーニング(技術面や戦術面、コンビネーション)にくらべて、ウエイトトレーニングによるスクワットをやりすぎている
  • スクワットの挙上重量増加によって身体動作が変化し(いままでより高く跳べる、速く走れるなど)、いままでの感覚でプレーしてもズレが生じるようになっている

というようなことが挙げられます。

これを完全に防ぐことは、正直無理です。

ただ、できるだけこのようなことが起こらないようにする方法はあります。

それは、「通年通してスクワットを行い、ゆるやかに体力要素・身体動作を変化させていくこと」

そしてなにより、「競技そのものの練習を徹底して行うこと」

スクワットに限定していう必要もないですが、ある時期にまとめてやるよりは、年間を通して継続したほうが体力要素の大きな変動もなく、ずっと安定したパフォーマンスを出しやすくなります。

ただ実際には、ウエイトトレーニングをはじめとしたフィジカルトレーニングに割ける時間がオフシーズンとインシーズンでは違ってきます。

もちろん、そうなるとより多くの時間を割けるオフシーズンのほうが体力要素の向上度合いは大きくなり、インシーズンは維持するのがやっとくらいの感覚になります。

現実的にある程度の変動を覚悟しなければ、いつまでたっても体力はつかないままになってしまうので、やれるときにはしっかりトレーニングをやったほうがいいです。

でもこれだと、体力の急激な変動に身体が適応できなくなる可能性があります。

なので、同時に個々の技術練習は徹底し、身体のケアも徹底すべきです。

どのくらいの比率か?という数値化されたデータを僕は持っていませんが、少なくとも技術練習よりもウエイトルームでバーベルを担いでいる時間のほうが長くなるのはオススメできません。

そして、トレーニングはあくまで壊す作業であるということを知っておきましょう。壊した後、修復されてはじめて身体は強くなります。修復には栄養と迅速な疲労回復が必要です。

チーム単位での実践的な練習が少ない時期であるとしても、スキルは常に徹底して磨き、フィジカルトレーニングの疲労を毎回いち早くとる努力は必須です。


▼「いいね!」すると最新情報をお届けします!▼

-アスリート, 考えていること
-, , , ,