跳躍力

ジャンプ力を高めるためのトレーニングの探求

トレーニング

すべては同時進行。これが終わったらあれをやろうなんて優先順位はない。

2017/10/30

トレーニングコーチの瀧本銀次朗です。

と、ここではトレーニングコーチを名乗っていますが、

他にも、

  • パーソナルトレーナー
  • 某フィットネス施設アシスタントマネージャー

と、公私共々立場はひとつではありません。

スポンサーリンク

ぜんぶ大事だから同時進行、優先順位はない

千葉ゼルバのVリーグ正式加盟とVチャレンジリーグⅠ昇格のために、

トレーナー兼トレーニングコーチとしてコンディショニング全般を担当しつつ、

スポンサー・サポーター獲得のための宣伝活動も欠かせません。

また、出張専門パーソナルトレーナーとして、

体力向上、疲労回復、肩こり腰痛の改善、ボディメイク・ダイエット指導など…

クライアントのカラダに関わるあらゆるお悩みを解決するため、日々活動しています。

自営なので集客も自分でやっていますし、日々ビジネスに関わる勉強もしています。

トレーナーとしての腕をさらに磨くための勉強も欠かせません。

そしてアシスタントマネージャー職としては、

この1月から新たな店舗に配属され、さらなる収益の増加を求められています。

これもエリアマーティングやブランディング、販促活動等の知識が必要とされ、勉強の毎日です。

 

…と、ここまでは仕事のことばかりですが、

結婚してそろそろ3年目を迎える嫁さんとの関係性もほっとけません。

式も新婚旅行も済ませ、次は子供ですよ。

小金井市への転居を決めたのも、子育てを見据えてのことです。

 

こんな生活を2年つづけて、

周囲からも色々と言われることも少なくありません。

「ONとOFFをしっかりつくれ」

「公私混同は避けたほうがいいよ」

「もっと余裕を持って生活したら?」

みんな、気を遣ってくれているのが痛いほどわかります。

本当に、ヒトの縁に恵まれた生活をしているな〜と感じます。

 

でもね、ONもOFFも私には必要ありません。

仕事とプライベートをしっかりわけるなんてこともしません。

そもそも余裕がないなんてこれっぽっちも思ってません。

 

私にとっては、ぜんぶ大事なんです。

千葉ゼルバも、パーソナルトレーニングしているクライアントも、

新たに担当する店舗も、

そして家族も。

優先順位なんて、つけられっこないでしょ。

なにかを優先するってことは、

なにかを後回しにするってことです。

そんなこと、できませんよ。

 

いろいろな物事を同時に進めることに対して、

私は相乗効果を感じています。

たとえば、

トレーニングの知識やパーソナルの集客を独学でやっていた経験が、

アシスタントマネージャー職にも活きています。

逆に、アシスタントマネージャーとしての業務で培った能力が、

千葉ゼルバで関わる様々な方との信頼関係の構築に活きているし、

パーソナルトレーナー・トレーニングコーチとしての自分を、

だんだん商品化できてきていると感じます。

 

これがもし、どれかひとつだけをやっていたとしたら、

今の自分はないです。

なにをやってきたか?というよりも、

ぜーんぶ同時進行したことが重要。

そう感じるのです。

だからやめない。やめる気もない。

 

最後に、家族の存在はかなり大きいです。

独身のまんまだったら、

この2年間で即手を挙げていた仕事がいくつかあります。

どれも魅力的な仕事でした。

でも、おもに収入面での折り合いがつかず、

すべて丁重にお断りしました。

これを「チャンスを逃した」と、捉える人もいるかもしれません。

でも、当の本人である私は、そんなことは思ってません。

  • 仮に条件が悪くとも、それに手を出せるほど今の自分に「稼ぐ力」がない。

どの仕事も、できなかった理由はこれですから。

自分が悪いんです。

家族は悪くありません。

他の仕事で稼げてりゃあ、そういうものにだってチャレンジできるんです。

その力が、今の自分にないだけ。

だったら、やるべきじゃあないんですよ。

力をつけなきゃ。

だから、立ち止まってる暇はないんです。

全部やるんです。

さっさと稼げる男になるんです。

そうすりゃ、収益云々を度外視したチャレンジもだんだんできるようになるし、

そもそも、その時には好条件の仕事にふさわしい能力が自分にもついてるはず。

だから、公私混同大歓迎。

だって、仕事中に一切プライベートのことが頭をよぎらないなんてこと、ないでしょ?

だったら、ムリにわける必要なんてないじゃないですか。

考えないようにするほうが疲れそうww

 

アスリートだって、技術練習しながら、フィジカル鍛えて、

スポンサーになってもらってる企業の宣伝活動して、

ファンサービスしてって、

いろいろやってるじゃないですか。

そういう人たちと良い仕事をするにふさわしい人間になるには、

「ひとつずつ」「ムリない範囲で」なんて

甘ったれたことはしてらんないです。

 

明日もガンガンやるぞ!

ひとまず今日は晩メシつくらなきゃ。

では、おつかい行ってきます!www


▼「いいね!」すると最新情報をお届けします!▼

-トレーニング
-