頭のなか

他人から批判されて落ち込みそうなとき、メンタルを回復させてくれる魔法の言葉

トレーニングコーチの瀧本銀次朗@PerformarsAct)です。

スポンサーリンク

歴史の偉人の名言は、メンタル強化にもってこい

トレーニングコーチとか、トレーナーとか、ひとことでいってもやっぱりいろんな人がいるわけです。

作家がみんな同じ思想で作品を作らないように、同じバスケの指導者でも指導スタイルが違うように、トレーニング・コンディショニングの世界にも違いはあります。

考えや意見が食い違えば、それなりに批判されることだってあります。

業界の先輩方はみんな勉強熱心だから、知識も豊富。経験も豊富。

だからね、いろいろ言われることだってあります。

ご指摘は真摯に受け止めています。自分もまだ発展途上。いまのままでいいなんてこれっぽっちも思っていません。

ただね、こっちも真剣なのですよ。

人生かけて、覚悟決めてやってるんです。

とにかくクライアント・選手・チームが結果をいち早く出すこと、大きな結果を出すこと、それが全てです。

それ以外に考える必要もなければ考える余裕なんてどこにもありゃしない。

ましてや自分の立場を守るために後手にまわったり、オイシイところだけでしゃばったりするような奴らとは一緒にされたくないんですよね。

私にとって最大のリスクは、結果が出ないこと。結果がしょぼいこと。

こんな結末だけは死んでもいやなわけで。

教科書通り、セオリー通りにのんびりちんたらやってる場合じゃないんですよ。

邪魔しないでほしい。

な〜んて思いを3行にまとめると、こうなります。

行いは己のもの。

批判は他人のもの。

知ったことではない。

幕末の偉人、勝海舟の名言です。

最近どハマり中。息子ができたら名前を麟太郎にしたいくらい。嫁には反対されてますけどねww

そう、他人の批判など知ったことではないのです。

批判は他人のもの。言わせておけばいい。

行いをどうするかは全て自分次第。

勝手にしろよと言われたら、そのとーり勝手にしてやりましょう。

自分の人生は、自分のためにあるのです。

間違っても自分を批判する他人のために生きるなんていう愚かすぎる行いはやめましょう。

いい言葉なので、最後にもう一回だけ。

行いは己のもの。

批判は他人のもの。

知ったことではない。


▼「いいね!」すると最新情報をお届けします!▼

-頭のなか
-