洞察力

東京都小金井市在のトレーナー瀧本銀次朗が運営するパーソナルメディアです。

トレーニング・コンディショニング

カラダを鍛える前に、ゆるめ、ととのえる

トレーニングコーチの瀧本銀次朗@PerformarsAct)です。

少し運動から遠ざかっていた方は、いきなりがっつり運動するよりまずカラダを慣らす作業を重視してみてください。

はやる気持ちを抑えて…それが結果的には良い方向にカラダを導くことになります。

スポンサーリンク

現代人のカラダは、まず「ゆるめる」

現代人のカラダは、ガチガチに凝り固まっています。

日常的にカラダを動かす機会がどんどん少なくなっているせいで、筋肉は伸びもしなければ縮みもしない、という状態になっていることがよくあります。

だからまず、運動の前には「ゆるめる」んです。

伸びも縮みもしない筋肉は、かたゴムのようなもの。

そのまま運動を始めたら、ゴムは切れます。

つまり、怪我をするってことです。

筋トレの前にゆるめる

もし、夏に向けてのカラダづくりを考えているなら、筋トレもやらなきゃいけません。

でもいまのままいきなり筋トレを始めるのはアブナイんです。

かたいゴムのままじゃ切れます。

まずはやわらか〜いゴムにしましょう。

一般的に知られている方法は、ストレッチです。

でも、あまりにもカタいと、ストレッチさえできないんですよね。

かたまりすぎて、伸びてる感覚が全然ないときもあります。ただ痛いだけ、みたいな。

カチカチにかたまっている筋肉は、緊張している証拠です。

ということは、緊張をとれば動くようになるんです。

だから「ゆるめる」。

緊張をとくためです。

自分でやるよりも、誰かに頼った方がゆるみます

自分でも筋肉をゆるめる方法はあります。

ただ、人の手を借りた方が圧倒的にゆるみやすいです。

どうしても自分でやろうとすると、チカラがどこかで入っちゃうんですよね。

うまくいかないときは、ケアやリラクゼーションが上手なひとに素直に頼りましょう。

ゆるめたら動かす

ゆるめて気持ちよくなって終了!!

これは最悪です。

また絶対に、かたまります。

ちゃんとゆるんだら、動きましょう。

運動して、筋肉に刺激を加え、筋肉に「ここまで伸び縮みする」ということを覚え込ませるんです。

なので必ず、ゆるめたら動かしましょう!!


▼「いいね!」すると最新情報をお届けします!▼

-トレーニング・コンディショニング
-, ,