アスリート トレーニング・コンディショニング

トレーニングの効果が競技パフォーマンスにつながっていない理由

トレーニングコーチの瀧本銀次朗@PerformarsAct)です。

「トレーニングして体力はついたけど、それがパフォーマンスにつながっていないような気がする」ということがあれば、

その理由は大きくわけてふたつあります。

  1. 体力だけしか向上していない
  2. 体力以外に原因がある

今回は特に『1.体力だけしか向上していない』という点をテーマに書いていきます。

スポンサーリンク

フィジカル強化しても勝てない理由

結論から言えば、『勝負は体力だけで決まるわけじゃないから』です。

体力はもちろん大切な要素です。

同時に、勝つための要素の一部分でしかない。

 

これはとっても大切な考えで。

すべての基盤、土台は体力。

確かにそうです。

でも、土台ばっかり強化しても、

高いパフォーマンスが発揮できるわけじゃありません。

土台にどんな上積みをしたのか?

どんな練習をして、どんな経験をして、どんなことを考えるようになったか?

試合、練習はもちろん、生活すべてがパフォーマンスの高さには影響すると言っても、全然言い過ぎじゃないんです。

トレーニングが目的化していないか?

パフォーマンスにつながらないチーム・選手によくありがちなのは、

トレーニング(フィジカルトレーニング)をやること自体が目的化してしまうケースです。

目的はあくまで『勝つこと』『パフォーマンスアップ』です。

ウエイトトレーニングでより高重量を扱えるようになることはいいことですが、

それが目的化すると、パフォーマンスアップには繋がらなくなることもあります。

フィジカルトレーニングは手段のひとつでしかない

ちょっとだけ『2.体力以外に原因がある』にふれておきます。

フィジカルトレーニングは、体力向上のためにはほかのどんな方法よりも、最も効率的で優れた方法です。

ただ上にも書いたように、体力の良し悪しが勝つことのすべてではありません。

体力は勝つために必要です。

ただ、技術も必要です。

高いレベルの戦術、システムも必要です。

 

こういうとたいていこう聞かれます。

「じゃあなにがいちばん必要なんですか?」

わたしは、いつもこう答えます。

「全部。ぜんぶいちばん必要です」

 

仮に体力強化が今はいちばん必要だと判断したとしても、

普段の練習で体力が強化されないのかといえばそうではありません。

普段の練習にプラスして、フィジカルトレーニングを行うことではじめて、

体力も向上し、競技そのものに必要な体力が身についていくんです。

パフォーマンスがなかなか向上しない!そんなときの対処法

以上のことを考えると、

パフォーマンスが向上した実感がわかない原因として、『フィジカルトレーニングに時間や労力を割き過ぎていて、技術練習の質が落ちている。』ということが起こっているんじゃないかと考えられます。

だからフィジカルトレーニングをやめよう!

というのはやりすぎだけど…量や負荷の調整はしたほうがいいです。

まずしっかり練習する。

そのうえで、フィジカルトレーニングをしてみましょう。

パフォーマンスはフィジカルトレーニングだけじゃ変わりません。

パフォーマンスを向上させるためのありとあらゆることをやるからこそ、最大限まで向上するんです。


▼「いいね!」すると最新情報をお届けします!▼

-アスリート, トレーニング・コンディショニング
-, ,