洞察力

東京都小金井市在のトレーナー瀧本銀次朗が運営するパーソナルメディアです。

千葉ゼルバ 考えていること

【千葉ゼルバ】VチャレンジリーグⅡvs長野ガロンズ

おはようございます。トレーニングコーチの瀧本銀次朗です。

先ほど(6:20頃)、奈良駅に到着。

新宿から高速バスで7時間。

昨シーズンの教訓から、耳栓(音)&マスク(暖房による乾燥防止)を着用。

おかげさまでほぼ7時間、ぐっすり眠れました。

いつかは空路で移動〜ホテル宿泊とかできたらな。

そのためにももっと稼がねば。

スポンサーリンク

vs長野ガロンズ

本日の対戦相手、長野ガロンズは今季からVチャレンジリーグに参入。

実業団時代に対戦したことがあるものの、Vリーグの舞台で戦うのははじめて。

もちろん、まけるわけにはいかんのです。

 

ところで…

ひとつ違和感があって。

なぜかお互いに相手チーム名を呼ぶ時に

「さん」をつける風習があるみたいなんだけど。

なんでなんだろう??

巨人軍の選手が「阪神さん」なんていうのかな?

浦和レッズの選手が「ガンバ大阪さん」なんていうのかな?

プレミアリーグのチームも相手に「さん」つけるのかな?

もしかして、マナー違反か?

 

「さん」をつけることで、

相手チームへの尊敬の念というか、

丁寧語としてそういう呼び方を好んでいるのかもしれないけど。

 

相手に対して尊敬の念をもつことは、

スポーツマンとして大切だと思うものの、

勝負相手だしな〜

なんとなく、「さん」付けだと熱くなりきれない自分がいる。

 

もちろん、全チーム、全選手に尊敬の念を抱いて戦っているのは僕も一緒です。

ただ、対戦中は「敵」という関係でいたい。

そうじゃなきゃ、見ている側も盛り上がらない。

勝負には熱が絶対に必要。

勝つだけじゃなく、盛り上がる試合をしたい。


▼「いいね!」すると最新情報をお届けします!▼

-千葉ゼルバ, 考えていること
-