洞察力

東京都小金井市在のトレーナー瀧本銀次朗が運営するパーソナルメディアです。

考えていること

知識をつけて、一心に努力する

トレーニングコーチの瀧本銀次朗です。

「努力」という言葉をなぜか毛嫌いしていた時期もありましたが、

最近は好きな言葉。

きっと、嫌いだった時期は

「努力は必ず報われる」的なことをいう人が嫌いだったからだな。

キレイ事言ってんじゃねーよ、みたいなww

そろそろ30歳になるひとりの男として、

屁理屈ばっかり言っているのもどうかと思う今日この頃。

努力も、努力する方向性を定めないと無意味になることがある。

だから、努力するなら正しい努力が必要だし、

それには、正しい努力をする努力が必要。

 

正しい努力をする努力…???

 

それってなんだ?

という問いの私の答えは、いまのところ「知識」です。

スポンサーリンク

知識をつければ、正しい努力の方向性が定まる

なぜ私たちが努力するのかといえば、

「成果をだすため」「結果を残すため」です。

頑張ってる姿を見せていればいいってもんではなく、

ちゃんと結果をだすこと。

これがなきゃ、努力している意味がない。

だから睡眠時間削って一日中何かをするとか、

そういうことを「努力している」と感じるのはおかしくて、

ある結果を残すために、

必要なことを洗いざらい徹底してやりまくっている状態を「努力」というのだと思います。

 

こういう努力をするには、

  • どんな結果を求めているのか?
  • 現状はどうなのか?
  • 結果を出すにはなにが必要なのか?
  • それを手に入れるには、どういった手段を用いるべきなのか?

ということを知っていなければならないんじゃないでしょうか?

とにかくやる!っていう根性論を否定するつもりはさらさらなく、

むしろ私は根性論推進派です。我武者羅万歳!!

ただ、なりふりかまわず「なにを」やるのかはとっても重要で。

その「なにを」?は、もっている知識の量・質によって差が出るんじゃないかと。

 

「とにかく根性だ!努力しまくれば報われる!」

でなく、

「ここまで成果を出すために必要なこれをやってやってやりまくれ!しんどくても根性で乗り切れ!!」

が、正しい努力だと思います。

 

たくさん本を読んで、たくさん人の話しを聞いて、いろんなところに出かけて。

そういうことをやりつづけることで、知識は増えていくと思うので。

とにかくいまは、寝る時間以外ずっと仕事をする。

仕事のことを頭から離さない。

成果が出ないわけがない境地まで、自分を高めるために。


▼「いいね!」すると最新情報をお届けします!▼

-考えていること
-