洞察力

東京都小金井市在のトレーナー瀧本銀次朗が運営するパーソナルメディアです。

アスリート トレーニング・コンディショニング

足関節脱臼からの競技復帰のためのトレーニング

10月から、足関節脱臼を発症したクライアントのパーソナルトレーニングを行っています。

足関節(足首)のけがといえば、「ねんざ」が一般的に知られているかもしれません。

脱臼はなかなかしない場所ですが、

ねんざを繰り返し経験している選手は場合によってはじゅうぶん起こり得るけがです。

内出血による腫れもだいぶおさまり、整形外科でのリハビリテーションでも患側(ケガをした側)のみで体重を支えるトレーニングの許可が下りたので、トレーニングの強度もさらに向上しています。

クライアントはまだ若い選手です。

たかが脱臼くらいで、彼のアスリートとしての成長をとめるわけにはいきません。

受傷直後から彼とは連絡を取り続け、1週間後にはパーソナルトレーニングをはじめていました。

擦り傷や切り傷ではないので、もちろんそんなに早く治るものではないです。

だからといって、「ケガ」がアスリートが身体を休める理由にはなりません。

だって、けがをしなければ今頃は試合にでているんだから。

モチベーションを下げている余裕もなく、

彼はトレーニングを始めることになりました。

 

再発と炎症を抑える必要はもちろんありますが、

いわゆる「できる範囲のことをやろう」なんてことはしません。

できないことをできるようにする。

これこそがトレーニングです。

氷点下近くまで気温が下がる夜間でも、

毎回のトレーニングで使用している彼の自宅の部屋は窓を開け放っています。

それでも汗が止まらない。

それだけ、激しいトレーニングを彼には課しています。

 

病院からは当初、2月いっぱいが復帰の目安と言われたそうですが、

復帰目標は1月のホームゲームです。

彼のアスリートとしてのモチベーションがあれば、不可能なことではありません。

本気の人間とのトレーニングは本当に楽しい。


▼「いいね!」すると最新情報をお届けします!▼

-アスリート, トレーニング・コンディショニング
-, ,