ダイエット・ボディメイク

リバウンドしないダイエットのコツなんてない。体重の増減のしくみはいたってシンプルです

スポンサーリンク

体重の増減は、「エネルギーバランスがどうなっているか」だけ

「食べてないのに痩せない!」

「たくさん運動しているのに痩せない!」

あなたも、こんなふうに悩んでいませんか?

痩せるのは「食べていないから」ではありません。

エネルギーバランスが、接種エネルギーのほうが少ないから痩せるんです。

おなじく、痩せるのはたくさん動いているからではありません。

エネルギーバランスが、消費エネルギーのほうが多いから痩せるんです。

 

すべてはエネルギーバランス。

あんまり食べていなくたって、それ以上に消費エネルギーが少なければ痩せません。

たくさん動いたって、それ以上に食べて摂取エネルギーのほうが多ければ痩せません。

じゃあずーっと食べなきゃ痩せるのか?たしかにそうです。

「そんなの無理に決まってるだろ!健康的じゃない!」

というお叱りの声を僕に浴びせようとしていたら、それはごもっともです。

ただここでわかってほしいのは、

「食べていないのに痩せないなんて、ありえない」ということです。

絶対に、どこかで食べ過ぎています。

それ以上に、エネルギー消費が出来ていません。

なんだかんだで、食べちゃってるんですよ。いらないものを。

唯一、エネルギーバランスと一緒に考えるべきこと

実際に、エネルギーバランスだけ見れば体重は減るはずなのに、

体重計の数字が何日も変わらない…ということはあります。

 

そう、現実的には、エネルギーバランスだけでは増減は成立しない時があるんです。

なので唯一、エネルギーバランスと一緒に気をつけたいのが「栄養素」です。

エネルギー必要量と、栄養素の必要量は別物

ここ、ホントに大切な部分です。

  1. たんぱく質
  2. 脂質
  3. 炭水化物

この3つの栄養素をバランス良く摂取できているか?を常に確認して下さい。

三大栄養素といわれるこの栄養素たちがきちんと摂取できていない状態で

エネルギーバランスをマイナスにしても、体重は思うように減らなくなります。

なぜなら…

栄養が足りないと、消費エネルギーもそのぶん減ってしまうからです。

 

脳、内臓、筋肉、骨なんかがその機能を保つために必要な栄養素が、

まさにたんぱく質、炭水化物、脂質です。

これが足りないと、身体が正常に機能しなくなります。

機能していないので、消費エネルギーももちろん下がって痩せないし、

なにより健康被害がないわけがないですよね。

 

どんなにカロリー制限しても痩せない人は、栄養が単に足りていないんです。

栄養が足りないことで、あなたの知らない間に消費エネルギーまで減らしてしまっています。

「超」大切なことなのでもう一度書いておくと、

エネルギーの必要量と、栄養素の必要量は別物です。

停滞期が来ても、とにかく続ける

ダイエットには停滞期もあります。

人間の恒常性機能(ホメオスタシス)というものが働いて、

身体が変化しないように反応するからです。

ただ、このホメオスタシスも、一定期間を経ることで

「変わった後の身体がフツーなんだ」と判断し、次はその痩せた後の体重を維持しようとしてくれます。

こうなるまでの期間は、半年とも1年とも3年ともいわれています。

「長い…」と感じるかもしれませんが、

ダイエットじゃなくたって、なんでもちゃんと身につけようすれば、3年くらい必要ですよね?

3年かけて痩せろ!ということではありませんが、

痩せた後の身体を自分自身で特にストレスなくコントロールできるようになるまでには、

このくらいの期間はかかると思ってください。

身体を変えるってのは、大変なことなんです。


▼「いいね!」すると最新情報をお届けします!▼

-ダイエット・ボディメイク
-