洞察力

東京都小金井市在のトレーナー瀧本銀次朗が運営するパーソナルメディアです。

考えていること

8月3日、29歳の誕生日を迎えて、僕は何がしたいのかをもう一度考えてみた

8月3日に誕生日を迎え、29歳となりました。

トレーナーを志して大学に入ってから10年。

仕事を始めてから6年。

ちょっとずづ、物事の価値観や考え方に変化が出てきているものの、

「自分がやりたいことができる環境で生きる」ことが、僕にとっては理想なことに変わりはありません。

 

今年1年間は、千葉ゼルバのVチャレンジリーグⅡ参戦の2年目でしたが、結果的に悔しい思いをしました。

出張パーソナルトレーニングでは、クライアントに恵まれ、より「自立を促すことの重要さ」を感じた年でした。

トレーナーを頼るのではなく、トレーナーをうまく活用して、外見も内面も自分磨きをしてほしい。

そんな思いが強くなりました。

会社内でもよりスリリングな仕事を振って頂いて、毎日いい意味で不安との戦いです。

この経験は絶対に、今後の自分に活きるだろうという絶対的な確信がもてるくらいに、充実した毎日です。

 

今後変わることといえば、9月に瀧本家待望の第一子が誕生することです。

親父としての背中を堂々と見せられるようにがんばらんとな。

まだ見ぬ我が子のことを考えながらここ最近は毎日を過ごしていますが、

教育する立場となる今、息子に立派な大人になってもらうには、

少なくとも自分自身がお手本となれるような大人でなくてはいけないと、強く強く思います。

子供に一番伝えたいことは、

「自分の本当にやりたいことをやって生きろ」ということ。

自分に嘘をつかず、よく考えて、本当にやりたいことを全うして一生を過ごしてほしい。

そう願っています。

 

ということは、親父である僕もそういう生き様を見せつけなきゃいかんわけで。

自分が「自分の本当にやりたいことをやって生きているのか」ということを今一度考えてみました。

スポンサーリンク

僕が本当にやりたいことってなんだろう?

トップアスリートのトレーニングコーチをやって、優勝を経験したい

これが本当に本当にやりたいことです。

千葉ゼルバでこれが経験できるよう頑張っているし、

正直なことを言えば、バスケットボールをきっかけにこの道を選んだのだから、

バスケットボールのチームで実現したい、という気持ちが強いです。

今はBリーグが始まって、日本のバスケットボール界も少しずつ盛り上がってきました。

Bリーグと同じくらい僕が注目しているのは、3x3.EXEという、

バスケットボールのハーフコートを使用して3on3形式で行われるリーグ。

これは今後、絶対に流行る!絶対に!!

東京オリンピックの競技にも選ばれた3×3は、さらに盛り上がること間違いなし。

日の丸をつけて、ストレングス&コンディショニングコーチとして3×3に参加したい!そしてメダルを獲得したい!!

今はこれが一番やりたいことだな。うん。

 

「老衰」で亡くなる人を増やしたい

人には寿命があります。これは仕方ない。

人間はどんなに頑張っても、120年が限度ではないか?

という、統計調査も一部であるようです。

ただ、その120年をどう過ごすかが問題であって。

僕はやっぱり、元気で過ごしたい。

そして僕の大切な人にも、元気で過ごしてほしい。

 

健康寿命という言葉があるけれど、ただ延命するのではなく、

今後はより元気でいられる時間を長くすることに力を注ぐべきです。

 

なぜなら今後、病気になったり、介護が必要となった時に、

面倒を見てもらえなくなってくるからです。

すでに医師不足、介護士不足は深刻。

医療費の負担額の増額も決まりました。

いかにお医者さんや薬、介護のお世話になる機会を減らすか(ゼロでなくとも)?

これが今後の日本全体の課題です。

 

僕はこのブログで「痩せる」という行為に対して度々苦言を述べることがあります。

それは、この健康寿命との関わりがかなり強いです。

体重に依存しているダイエッター達は、歪んだ美意識、身体への間違った認識が、

将来の健康寿命をどんどん短くしてしまっていることに、早く気づくべきです。

自分のやりたいことを実現するためにやるべきたったひとつのこと

やるべきことは、たったひとつです。

圧倒的な量の行動を起こすこと。

誰よりも早く、多く、効果的な行動をし続けること。

「おいおい、生き急ぐな…」

そうじゃあない。

生き急いでるんじゃなく、必死に生きてるんだ。

親父、まだまだ頑張るぜ。


▼「いいね!」すると最新情報をお届けします!▼

-考えていること