【書評】多動力 堀江貴文 著 これからの時代の働き方、成功の秘訣を学ぶ

堀江貴文氏の著書「多動力」。

その内容もしかり、実に読みやすい本でした。

これからの時代の働き方、成功の秘訣を学ぶにはもってこいの一冊。

スポンサーリンク

多動力こそが、この時代にもっとも必要とされる能力

そもそも多動力とは、

「いくつもの異なることを同時にこなす力」のこと。

いままではひとつのことに秀でた人間、

いわゆる「職人気質」な人間が好まれていましたが、

これからの時代は、より幅広い分野に精通している、

オールラウンダー、マルチプレイヤー的な人間のほうが重宝される時代になっていきます。

インターネットの世界でいち早くビジネスを開始した堀江さんだからこそ、

この「多動力」の重要性やインパクトの強さを強く感じ、推奨しているんでしょう。

あなたの多動力チェック!肩書きはいくつあるか?

あなた自信に現在どれだけの多動力があるのかは、

案外単純な方法で推し量ることができます。

それは、あなたの肩書きの数です。

あなた自信に、肩書きがいまいくつありますか?

もし3つ以上なければ、あなたは「多動力不足」といえます。

 

自分のほしい肩書きは何か?

それをいますぐ考えて、それを肩書きに加えるべきです。

あとはその肩書きにふさわしい能力を自分につけるために、

一生懸命努力するだけです。

多動力を強化し、レアカードになるための方法

ここでは実際に本の一部を抜粋します。

まず、一つのことに1万時間取り組めば誰でも「100人に1人」の人材にはなれる。(中略)5年間一つの仕事を集中してやれば、その分野に長けた人材になれる。

ここで軸足を変えて、別の分野に1万時間取り組めば何が起きるか。

「100人に1人」×「100人に1人」の掛け算により、「1万人に1人」の人材になれる。これだけでも貴重な存在だ。

さらに飽き足らず全く別の分野にもう1万時間取り組めば、「100人に1人」×「100人に1人」×「100人に1人」=「100万人に1人」の人材が誕生する。ここまですれば、あなたの価値と給料は驚くほど上がる。(中略)

繰り返すが、肩書きを掛け算することであなたはレアな存在になり、結果的に価値が上がる。

※「多動力」より抜粋

ひとまずやってみよう、1万時間。

多動力 (NewsPicks Book)

新品価格
¥1,300から
(2017/8/12 23:16時点)

 


▼「いいね!」すると最新情報をお届けします!▼

-
-