跳躍力

ジャンプ力を高めるためのトレーニングの探求

トレーニング

仕事をどんなに頑張っていても結果が出ないときに考えるべきこと・やるべきこと

2017/10/30

やってもやっても成果が出てこない。

サービス残業しまくって、こんなに頑張ってるのに。何も結果としてあらわれない。

もちろん成果が出ていないから、周りの人からは「やり損」「無駄な努力」「効率が悪い」と言われるし、

家族がいれば、帰りが遅くて家族との時間も取れないくせに、もらってくる給料も安い…と不満を持たれるし、

なによりも、そんな状況下に身を置かれている自分自身にどんどん嫌気がさしてくる。

 

そんな状況から脱したければ、今すぐ考え方と行動を改めるべきです。

スポンサーリンク

他人の批判は気にしない

まずここです。他人の批判など気にしない。

僕の好きな言葉に、こんな言葉があります。

行蔵は我に存す、毀誉は他人の主張、我に与からず我に関せずと存じ候

現代語訳すると、

行いは自分のもの、批判は他人のもの、知ったことではない

誰になんと言われようと、知ったこっちゃねーよ。俺のやることに口出すんじゃねぇ。ということです。

こんな男気溢れる言葉を残したのは、僕が人生の師と仰ぐ勝海舟氏です。

「自分の価値は自分で決める」と言わんばかりの勝海舟氏の生き様を感じさせる一言であって、すぐに揚げ足をとられ、ささいなことで簡単に炎上騒ぎになる現代において、この一言を胸に秘め生きるだけでだいぶタフになれます。

今は批判されてバカにされてても、いくら聞く耳を持ってくれなくても、結果が出ればこっちのもんなんですよ。手のひら返したように近寄ってくるんでねww

でもね、そんな人とつるんだって自分のためになりません。うまいこと距離を置いときましょう。いざ困ったときに、そういう人は助けてはくれませんから。

うまくいっていない時期に応援してくれた、支えてくれた人との関係こそ、大切にしましょう。

うまくいっているように振る舞う

ある意味の演技力。これも必要。

うまくいっていないときこそ、うまくいってるように振る舞うことが重要です。

「嘘をつけ」ってことじゃありません。今はうまくいってないけど、その現場に動じていないそぶりをみせるんです。

個人でやっている場合、もしくは組織の責任者としての立場にいるときは、どんなときもどっしり構えてなきゃいけません。自分が「核」であり「土台」であり「柱」なんですから。

 

ちなみに「どっしり構える」「動じない」というのをたまに「自分ではなにもしない」と勘違いして捉えてる人がいますがそうじゃありません。

うまくいってても、うまくいってなくても変わらない。状況に流されない強さを持てということです。

 

競技スポーツの世界では「ゾーン」なんて言葉がありますが、仕事中はつねにこの「ゾーン」に入っていることが理想です。理想なんでうまくいかないときもあって当然ですが。それでもそこを目指して日々の仕事に取り組んでいかないとなかなかいい方向にことは進められません。

「動じない」っていう強かさがいったいどういうものなのかを学びたいときは、この本がいいと思います。

▶︎リレントレス 結果を出す人の13の法則

インプットを増やす

うまくいっていないときの大半の原因はアウトプット不足です。そもそも周囲に必要性を感じてもらえていない。それ以前に知られていない。ということがほとんど。

どのフェーズに入る場合も、アウトプットの質・量を向上させていかなければ、状況は好転しません。

 

じゃあまずアウトプットを増やすにはどうしたらいいか?

インプットを増やすことです。

たとえばブログやFacebookの更新が続かないって理由は、インプット不足がいちばんの原因です。自分の中にネタがない。

新しい企画やアイデアが思い浮かばないのもインプット不足です。日々の生活のなかでの行動力や感受性が欠けているとこうなります。いろんなところにアイデアのヒントはあるんです。いつも歩いてるあなたの家から職場までの通勤経路にもたくさんあります。

ネタがない、書くことがない、アイデアが浮かばないという人は、そもそもインプットの癖がないんです。読書しない、テレビをみていても、街を歩いていても、何も考えていない。様々な物事の経緯や新しいモノ・コトに関心を持てない。食わず嫌い。固定概念が強すぎる。洞察力を磨くことを怠っている結果です。

「1伝えるために10学べ」なんてふうにいいますがまさにその通りで、インプット量が少ない人にいいアウトプットはできません。もちろん量をこなせないので質も高くなりません。

そんな人が仕事のできる人間になれるわけがないですよね。どんな世界で生きてても、学ぶことをやめたらおしまいなんですよ。学ぶことに喜びを見出せるようになれたら人生もっと楽しくなるのに。

いつもしているインプットをあえてやめる

先に書いたこととある意味真逆ですが、行き詰まったときは僕もよくやることです。

本をよく読む僕は、たまにいつもはいかない書籍棚に足を踏み入れます。

そこに置いてある本を手にとってパラパラっと読んでみるんです。ちょっとでも「おっ?」って思ったら即買いです。自分に何の関係もない本でも。

これ、頭のリフレッシュにはとってもおすすめで、いつも興味のある分野だけのインプットになっていると、ひとりでに頭が固くなっていくんですよね。

こうやって半強制的に自分のなかに全然関係ない分野のインプットをすることで、脳みそがリフレッシュして元気になるんです。

しかも、こういうときに買った本に限って、結構面白かったりして、

新たな自分の可能性に気づける瞬間、たまらないですよ〜

そもそもそんなにやっていないかもしれない

身も蓋もない話ですが、そもそもたいして頑張ってなかったっていうオチはおどろくほど多いです。

やった気になっていた、頑張った気になっていた、ということはよくある話で。それじゃあもちろん成果は出ません。

どこかで、ハードワークを怠るような癖が付いていないか?厳しく自分を評価してみましょう。

「頑張ってる」と思ってほしいと思っている人ほど、自己評価も甘く、改善点は多い傾向にあります。まじで。


▼「いいね!」すると最新情報をお届けします!▼

-トレーニング