洞察力

東京都小金井市在のトレーナー瀧本銀次朗が運営するパーソナルメディアです。

考えていること

一緒にいるだけで周りのひとを不幸にさせる人間の特徴と対処法

「周囲を不幸にさせる人」というのは、法を犯すようなことをするとか、倫理的にありえない言動をするとか、そういう人だけのことではありません。

その場をどんどんイケてない雰囲気にさせたり、その人とつるむ人をことごとくダメ人間にしていく人。こういう人は世の中に結構少なくありません。

さげまんっていうとわかりやすいかもしれませんが、これって女性にだけ用いられる言い方であって、男にも運気を悪くさせるセンスに長けたやつはいます。

ちなみにWikipediaには、こんな感じで書かれてるんですね。

あげまんは、運気が上がっているさまを表す言葉で、主に付き合った男性の運をあげる女性のことを指して使われる。より良い巡り合わせにする女性を「あげまん」、不運な巡り合わせにする女性を「さげまん」と称する。

女性だけこんな言われ方されんのもねぇ…おっかしな話で。

男もダメなやつはダメですよ。そういう男を「ダメなやつだ」といいつつ最終的には甘い対応しちゃう女性もいますが、「優しい」と「甘い」は違うのです。ダメ男は虎穴に突き落とすのがいちばん。本当にそいつのためを思うのならね。

 

こういう人のネガティブパワーは半端ないです。たとえポジティブパワーが満載の人間が一緒にいてもなかなか状況は好転しません。

むしろ、状況によってはポジティブな人が「あいつはちょっとちがう」と、変人扱いされることもあります。いわゆる妬みというやつです。ネガティブの真骨頂。

こういう人間とは関わらないというのがいちばんです。関わらなきゃいけないとしたらせめて、一定の距離を保つことに全力を尽くすこと。僕はこのへんかなりシビアに考えて日々生きてます、じつは。

そういう人の特徴をつかみ、うまいこといなす能力を身につけておくと、限りあるあなたの人生をより意味のあるものにできるはずです。

スポンサーリンク

一緒にいるだけで周りのひとを不幸にさせる人間の特徴

すでにさげまんの特徴をまとめた記事はまあまああるんですね…残念ながらよくできてますw

▶︎さげまんの15の特徴。男を不幸にする最悪な“さげまん”とは

▶︎男を不幸にする!?結婚してはいけない「サゲマン女性」が使う30の言葉

女性に限ったことじゃなくて、男にもいますからね。

ほんと気をつけたほうがいいですよ。会話すると生気吸い取られるんで。

周囲を不幸にさせる人は、自責の念が薄い

基本的に都合の悪いことは人のせいにします。どんなに「いやいやお前が悪いだろ」というシュチュエーションであっても、心からの謝罪は期待できません。

職場では責任のある仕事や立場を任せることはできないし、知り合いに紹介なんて、とてもじゃないけどできません。

こっちのせいにされる前にさっさと逃げましょう。

 

周囲を不幸にさせる人は、一旦落ちると戻ってこれない

モチベーションというか、情緒のコントロールが超下手くそです。

あ、下げるのはうまいんだけど。戻ってこれないんですよねぇ。。

 

周囲を不幸にさせる人は、人の幸せな話を聞きたがるくせに妬む

彼氏・彼女ができた、結婚した、子供ができた、昇進した…いろいろいい話題を聞いてくる割に、その人の人生がうまくいってる感を感じると妬む癖があります。タチ悪すぎ。

 

周囲を不幸にさせる人は、人の不幸な話が大好物

って小見出しを書いて気づいた。いろいろ聞いてくるのは、「うまくいってない不幸な話を探したいから」なんだと。

やったら反応してその話題を終わらせようとしない感じがしたらビンゴ。一緒にいればいるほど不幸になります。

 

周囲を不幸にさせる人は、人の欠点や短所が大好物

前述したモノとおなじようなことです。マイナス要因が大好物。そうやって、自分のブラックな世界に引きずり込もうとしているんですよ。。やば。

 

周囲を不幸にさせる人は、自分とは違った価値観を受け入れられない

受け入れるキャパシティがないといってもいい。

 

周囲を不幸にさせる人に出くわした時の対処法

即刻関わりを断つ

これが理想!

まずなんとか今すぐ関わりを断つことができないか、全力で頭をフル回転させましょう。

彼ら・彼女らのネガティブオーラの感染速度はパンデミックともいえるほど半端ない速さでうつりこんできます。

間違ってもなんとか対応しようなんてことを思わず、まずは離れる、逃げることを第一に考えましょう。

 

話は聞き流す

「感じの悪い人」と思われるような態度をとるくらいがいいと思うんですよね。そのほうが近寄ってこなくなるから。

変に聞き分けのいい人を演じると、仲間だと思われてマジでめんどくさいことになります。

話を絶対に正面から受け止めないこと。肯定も否定もする必要ありません。

 

質問はすべてジョークで返す

もしなにか質問をされたら?という時は、「真面目に答えない」ことがポイント。

本音で語るだけ無駄。

だって、「自分とは違った価値観を受け入れることができない」んだから。

やっちゃいけないのは、「話してなんとか説得して、自分と同じ価値観に近づいてもらおう!」なんて意気込むこと。

そうは絶対になりません。むしろあなたが相手の価値観に近づいていっちゃいますよ。。ブラックホールに自分から飛び込んでくようなもんですから。

 

ぜんぶふざけた返しをしていたら、そのうちあっちから勝手に聞いてこなくなります。こちらから距離を置かなくても、距離が離れるってこと。

 

その人について誰にもどこにも一切語らない

自分からその人の話題を誰にも出さない。直接会う時以外は存在を忘れましょう。ハイ。今すぐ忘れて。それで良し。


▼「いいね!」すると最新情報をお届けします!▼

-考えていること