洞察力

東京都小金井市在のトレーナー瀧本銀次朗が運営するパーソナルメディアです。

子育て

人生初の沐浴!新米パパがはじめて沐浴するときに押さえておきたいポイントを解説!

9月14日に父親になりました、瀧本銀次朗@ginchantrainer)です。

出産当日以降、しばらく息子に会うことができていませんでしたが、本日18日は無事退院ということで、嫁さんの実家に自分も行ってきました。

1ヶ月検診が終わるまでは実家にいてもらおうと思っていますが、いざこちらに戻ってきたときに僕自身が何もできないんじゃダメなのでww

退院当日の今日からさっそく、沐浴にチャレンジしました!

スポンサーリンク

はじめての沐浴!押さえておきたいポイントをまとめた

沐浴はとにかく手早く!5分以内に終わらせよう!

助産師さんによると、沐浴は5分が目安みたいです。

お湯に浸かるっていうのは、結構体力使いますからねぇ。。父親の手早さが試されます。

なので、どういう順番で洗うのかをあらかじめイメージしておくととってもやりやすいです!

沐浴で赤ちゃんの体を洗う順序

いろいろな順序があると思いますが、僕がやっているのは、

  1. 顔(濡れたガーゼで拭く)
  2. 胸〜腕
  3. 下半身
  4. 背中
  5. お尻

この順序がやりやすいです!

順序を決めておくっていうのがポイント。いかに手早く済ませられるかが勝負なんでね。

まずは脚からお湯に入れる

てばやく服とおむつを脱がせたら、あらかじめ溜めておいたぬるま湯に脚から入れます。

このときの赤ちゃんの持ち方は、片手(利き手と逆がやりやすいかも)で赤ちゃんの首根っこ〜後頭部をつかんで固定する感じ。

頭を手のひらに乗せるようにして持つと、赤ちゃんが暴れたときに落としてしまうかもしれないのでとても危険です。がっちり首から頭の下あたりを掴んでおいてやりましょう!

濡らしたガーゼで顔を拭く

お湯で濡らしたガーゼをしぼり、顔をふいてあげます。

赤ちゃんの皮膚は弱いので、ホントにそっと拭く程度で大丈夫。

頭を洗う

ここが結構ビビる人も多いみたいで。

まだ頭蓋骨が繋がってないんでね。おでこの上らへんがヒクヒクいうんですよねww

でも全然大丈夫。ベビーソープで軽く頭を撫でてあげて、あとは溜めたお湯を手ですくって濯いであげましょう。ゴシゴシこする必要はありません。

上半身は中枢〜末端にかけて順番に洗う

上半身はまず首元のシワシワのあたりから、胸、お腹をベビーソープで洗ってあげましょう。

結構重要なポイントは、腕を洗う方法。

手先からでなく、肩〜腕〜指先の順で洗うのがポイント。

赤ちゃんは無意識のうちに手で顔をこすってしまったりするので、手に泡がついたまま放置するのは危険。なので肩から順番にベビーソープで指先まで洗ったら、そのまま手を掴んでお湯の中に入れてしまいます。

こうすると、指先に泡がついたまま手を動かすことがなくなるので安心です!

下半身はしっかりお股周りを洗う!

ここは重要なところ。きちんとお股は洗ってあげましょう(ゴシゴシは必要なし)。

股関節のところや、膝の裏、足首あたりはとくに汗疹とかできやすいので、しっかり洗ってあげるといいみたいです。

背中を洗うときの赤ちゃんの持ち替え方

これ、文章だとわかりにくいので、youtubeの動画でどうそww

4本の指を赤ちゃんの脇の下に入れてひっくり返し、手首のあたりで顎〜胸のあたりを支える感じでもつと安定します。

そのまま背中〜お尻を洗えばOK!

上がり湯をかけたら、素早く全身の水気をふき取る

また仰向けに戻したら、全身に綺麗なぬるま湯をかけて泡を落とし、終了!

素早くバスタオルの上に置いて、水気をふき取ってあげましょう。

赤ちゃんの体はすぐに冷えてしまうそうです。モタモタしていると風邪を引いてしまうかもしれないので。。手早く拭いてあげましょう。

乱暴に扱わなければ大丈夫。人間だもの

どうしてもちっちゃい赤ちゃんを目の前にすると緊張してしまうかもしれませんが、急に手足を引っ張ったり、強い力を加えなければ全然大丈夫です。

僕の場合、あまりに隼太朗の抵抗に無頓着でwwひいおばあちゃんがハラハラしてしまっていましたがwww

赤ちゃんは体も柔らかいのである程度は平気なんですよ。力ずくで押さえつけたり、引っ張ったりしなければ大丈夫。

といっても、隼太朗は割とおとなしい方なのかも。服脱がせると泣くけど、お湯に浸かった瞬間泣き止むもんなぁww

 

あと、やってみて思うのは沐浴は父親がやってあげた方がいいです。

赤ちゃんを片手で落ちないように支えながら洗うっていう作業は、手も大きくないとなかなか大変だし、前かがみの姿勢で3キロもある赤ん坊を持って作業するのは、案外腰にきますww

お母さんには沐浴している間にバスタオルや着替え、オムツのスタンバイをしてもらって、上がり湯をかけるのを手伝ってもらうくらいでいいと思います。

産後1ヶ月は母親も安静が必要なので、沐浴期間の1ヶ月は父親の協力は結構重要かも。


▼「いいね!」すると最新情報をお届けします!▼

-子育て