練習中の走り込みに効果や意味は本当にあるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「走り込みが好きだ」という選手をあまり聞いたことがありませんが、それもそのはずです。

走り込みは単純にしんどい。

競技に真剣に取り組んでいる選手のなかには、「実際の試合でこんなに全力ダッシュを繰り返すような場面なんてなかなかないのに、なんでこんなに走らなければならないんだろう?」と考える選手もいるのではないでしょうか?

競技中、コートの端から端まで全力ダッシュし続けるような場面はなかなかありません。

それなのに、ラントレとなるとコートの端から端まで全力ダッシュするし、屋外だと100mやそれ以上の全力ダッシュを行うこともあります。

僕もこうしたワークアウトプログラムを実施することがありますが、それはひとつの狙いがあるためです。

スポンサーリンク

試合以上の負荷を身体にかける

全力ダッシュの繰り返しをすることは、おおきくわけてふたつのねらいがあります。

  • 試合以上のスピードで走る
  • 試合以上の長い時間走る(持続時間、合計の時間どちらも)

こうすることで得られる効果は、試合中の体力的な余裕です。

たとえば自分が本気で出せる100%のトップスピードが相手より速ければ速いほど、

相手はプレーに余裕がなくなり、こちらは余裕を持ったプレーができるようになります。

さらに、そのトップスピードを試合を通して保てる時間が相手より長ければ、

試合後半はさらに有利な試合展開に持ち込むことができるようになります。

 

「優れた戦術」「高い技術」「強固な体力」が備わることで強くなれる

これは、あくまで体力的なことだけを考えたときです。

すぐれた戦術や、余分に体力を消耗せずに済む高いレベルの技術は無視できません。

 

ただやはり、優れたチーム、優れたプレイヤーになるには「多才さ」が重要なポイントです。

特定の要素だけ優れていればあとはいいのか?といえば、

そうではないと僕は考えています。

 

自分の強み、チームの強みがあることは素晴らしいことです。

ただ、「弱み」を無視して、そこを相手に突かれてしまう可能性もできる限り排除しなくてはなりません。

 

相手より優れているか?ということも僕はとて重要なことだと思います。

チーム内のライバル

地元のライバルチーム

同じリーグのチームやマッチアップする選手

自分たちの目指しているトップリーグのチームや選手…

 

相手より優れたプレーヤーになる必要性は、競い合うアスリートである以上逃げることはできません。

 

そう考えると、本当のトッププレーヤーは、本当に尊敬に値します。

自分が一番になってしまったら、競い合う相手がいないんです。

こうなると、多くのトッププレーヤーが口に出すように「最終的には自分との戦い」となるのでしょう。

 

スポンサーリンク

「個々が劣っているぶんチームの力で勝つ」にも個人の向上は必要

個人の能力がずば抜けた選手を集めたチームが勝つとは限りません。

優れたチームワークを発揮することで、勝てる可能性はじゅうぶんにあります。

ただ、チームワークの向上のために、個々の能力を向上させる必要がないわけではありません。

勝つために向上させなくていいものなんて、ないのではないでしょうか?

あるとすれば、優先順位です。

 

自分の強みをさらに伸ばすことはとても大切なことです。

だからといって、自分の欠点・弱点から逃げていれば、それだけはやくチームとして、選手としての限界がくるでしょう。

 

限られた時間と期間の中で、あらゆる要素の向上が求められる競技スポーツの世界は

本当に厳しいし、だからこそやりがいがあります。

 

はやく僕も、その世界にどっぷりつかりたい。

そのためにも、今は目の前の仕事を一生懸命やろう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

瀧本銀次朗への問い合わせ

「瀧本銀次朗にトレーニングについて聞いてみたい!」
という方は、お気軽にお問い合わせください。

記事ネタになりそうな質問は、記事として公開させていただきます。

瀧本銀次朗へメールで連絡する

SNSでもご購読できます。