トレーナー推薦!Amazonで買える自宅用トレーニンググッズ3選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「まわりのライバルと差をつけたい」

「より自分のパフォーマンスを高くしたい」

「もっとフィジカルが強くなりたい」

こんな思いから、多くのアスリートが全体練習やチームのフィジカルトレーニングにプラスして、個人でもフィジカルトレーニングを行っています。

 

フィジカルトレーニングは特に器具がなくても工夫次第で可能です。

ただ、アイテムがあればより効果的なフィジカルトレーニングができるのも事実です。

そこで今回は、Amazonで購入できるものに絞って、「場所を選ばない」かつ「保管に場所をとらない」かつ「比較的安い」、フィジカルトレーニングコーチ瀧本銀次朗おすすめのアイテムをご紹介します。

スポンサーリンク

個人で持っておきたいトレーニンググッズ(Amazonで購入可能)

ミニバンド

まずはこちら。「ミニバンド」

主に股関節まわりの筋肉を鍛えるために役立つアイテムです。

 

股関節まわり、つまりお尻や太ももの付け根の筋肉は、

「走る」「跳ぶ」「とまる」などの基本的なスポーツ動作には必ずと言っていいほど使われる重要な筋肉です。

股関節だけでなく、肩関節の筋肉を鍛えるために使用することもできます。

おこなうエクササイズによって、適切なミニバンドの硬さがあるので、セットで買っておくと便利。

トレーニングチューブ

ミニバンドとの違いは、「長さ」と「強度」

トレーニング器具がないと、どうしても鍛える方法が限られてしまう背中のトレーニングに活用できます。

場所が許せば、ダッシュやジャンプのエクササイズに負荷を加えるようなトレーニングも可能。

さらに、ストレッチの補助器具としても使用できるので、ひとつあるととっても便利です。

 

本当は「ジャンプストレッチ」という商品を紹介したいのだけど、Amazonだと高い。

たくさん類似品はあったのですが、

「Amazonで買うなら」という点でこれはどうかな?という程度のご紹介です。

なので、ぼくが実際にこの商品を使ってるわけじゃないので、特に「おすすめ」なわけではありません。悪しからず。

ためしに買ってみて、後日追記します!

フロッグハンド

ぼくの最近のお気に入りでもある「フロッグハンド」

これは最高!ゲキ推しします!

 

フロッグハンドは、足の裏の筋肉を鍛えるためにつかうアイテムです。

「チューブとかセラバンドじゃダメなの?」と思うかもしれませんが、

チューブ・セラバンドだと、足のゆびの筋肉まで刺激を加えられないんですよね。

足趾を「握る」という行為は、フロッグハンドみたいな形状をしていないとできません。

 

お気に入りは、このフロッグハンドを軸足につけてのシングル・レッグ・デッドリフト

足趾で「踏ん張る」感覚をつかみつつ、片足エクササイズならではのバランス感覚を養うエクササイズは最高です。

捻挫予防や捻挫した後のリハビリテーションの一環としても活用できます。

 

押し売りは良くないのはわかってるけど、これは買ったほうがいい。買うべきだ。

 

スポンサーリンク

個人のトレーニングは、全体練習やウエイトトレーニングを補うためにやる

チームでの全体練習やウエイトトレーニングなどのフィジカルトレーニングをしっかりやっていれば、

基本的にフィジカル強化はそれだけでもじゅうぶん事足ります。

ただ、それにプラスして、個人的に向上させたい体力要素や改善したいことがあるのなら、

それは個人のトレーニングとしてやる時間と環境をつくる必要があります。

 

好きな時間にいつでもトレーニングができるジムが近くにあればいいですが、

そうもいかないときは、上に紹介したような場所を選ばずに使用できるアイテムを持っていると有利です。

 

個人のトレーニングは、あくまで全体練習やフィジカルトレーニングの補助として行うことは忘れないでください。

チームでやっていることが、いちばん大切です。

チームの全体練習、フィジカルトレーニングをしっかりやることがいちばん重要です。

それに加えてやるからこそ、個人のトレーニングは効果がでます。

 

ブログ更新情報をお届けします!
▶︎瀧本銀次朗Facebookページ

毎日更新される瀧本銀次朗個人ブログはこちら
▶︎洞察力

瀧本銀次朗の活動内容はこちら
▶︎瀧本銀次朗公式ページ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

瀧本銀次朗への問い合わせ

「瀧本銀次朗にトレーニングについて聞いてみたい!」
という方は、お気軽にお問い合わせください。

記事ネタになりそうな質問は、記事として公開させていただきます。

瀧本銀次朗へメールで連絡する

SNSでもご購読できます。