本気でお金を稼ぎたければ「付き合う人」を今すぐ変えろ

本気でお金を稼ぎたければ「付き合う人」を今すぐ変えろ

パーソナルトレーナー・コンサルタントの島田弘さんの書籍の紹介もしつつ。

今回は、「本気で稼ぐために付き合うべき人」について、書いていきます。

類は友を呼ぶって、本当なんだな。

 

本気でお金を稼ぎたければ、付き合う人を選べ

あなたがこの1週間、家族以外で最も長い時間を過ごした5人を思い浮かべてください(中略)。次に、その5人の年収を足して5で割ってください(中略)。その平均額は、おそらくあなたの年収とほぼ同じくらいだったのではないでしょうか。

あなたの年収は、あなたが普段付き合っている人たちで決まるといっても過言ではないのです。

これには、脳内にあるミラーニューロンという神経細胞が大きく関わっているそうです。

くわしい説明は省きますが、この働きによって自分が普段もっとも長い時間を過ごしている人たちの影響を受けやすくなっているということは確かです。

この理論からいえば、本気で稼ぎたければ、稼いでいる人と1秒でも長い時間を共有できるようになることが重要となります。

稼いでいる人とは、どう知り合い、どう付き合っていけばいいのでしょうか?

「稼げる人」と出会えるかもしれない、ぼくのおすすめスポット

リアルな場所で知り合いたければ、ひとりでBARに行け

これはぼくの実体験が入りますが、稼いでいる人と出会える場所の代表格はずばり「BAR」です。

あまり店舗は大きすぎず、カウンター席のみの小さなBARがおすすめ。

BARじゃなくても、小さめの居酒屋さん、小料理屋さんなんかもおすすめ。

ひとりで静かに飲みに行きたいような人が集まるところがいいです。

なぜかというと、小さなお店のほうが、他のお客さんとの距離が近くなり、コミュニケーションをとるチャンスも多いからです。

べつにぼくはBARにそれを求めて通っていたわけじゃないんですが、現にお医者さんや歯医者さん、経営者の方と知り合い、連絡先を交換するまでの仲になったりもしています。

ポイントは、必ずひとりで行くこと。

ふたり以上で行ったら、他のお客さんと会話するチャンスはないと思ったほうがいいです。

SNSでの出会いなら、今はTwitterがアツい

SNSでの出会いもバカにできません。

いまは、断然Twitterがおすすめ。

ぼくもここ半年くらい、結構Twitterに力を入れているんですが、起業家さんやすでに成功しているといえる経営者の方々も、結構Twitter上でアクティブに発信、コミュニケーションをはかっていることが多いです。

そうした人たちをフォローして、ツイートを見るのももちろん価値観を変えていくための勉強になるし、引用リツイートなどでからめば、目に留まればコミュニケーションをとることもできる可能性があります。

直接会ったことがない人とでも気軽にコミュニケーションが取れるって、Twitterは本当に便利。

アカウント持っていない人はいますぐつくりましょう。

▶︎Twitterアカウントを作成する

 

読書カテゴリの最新記事