洞察力

東京都小金井市在のトレーナー瀧本銀次朗が運営するパーソナルメディアです。

アスリート カラダづくりのコツ

バレーボールのスパイク速度を上げる方法

2017/06/15

今週末も千葉ゼルバはVチャレンジリーグⅡの遠征です。

試合結果はのちほど掲載するとして、今回は千葉ゼルバネタに関連して、スパイクの速度を上げるトレーニング方法についてかいていきます。

スポンサーリンク

スパイク速度を上げるためには「技術」と「体力」をみがく

スパイク速度を速くする方法には、大きく分けてふたつ。

  • スパイクそのものの打ち方(技術)を向上させる方法
  • スパイク動作に関わる動作パターン・動員される筋肉(体力)を鍛えていくこと

このふたつを同時進行していくことで、最も効率的かつ最大限の効果を出すことができるのですが、トレーニング指導者としては、動作パターンや筋肉の強化を(つまり体力面)メインに行っているので、そちらの内容をここでも書いていきます!

トレーニング的には「助走」「ジャンプ」「インパクト」で考える

トレーニングによるスパイク速度の強化としては、ボールを打つ瞬間にいかに強いパワーをボールに加えることができるのか?を考えながらプログラムをたてていきます。

そのために、スパイク動作そのものを細分化・簡略化して、その動作の質を効率的に向上させる(大きなパワーを出せるようになる)ためのエクササイズを行っていきます。

スパイク動作を細分化・簡略化すると、「走って、跳んで、腕を振る」という動作になります。もうちょっとバレーボールっぽくいえば、「助走・ジャンプ(踏み切り)・インパクト」みたいな感じでしょうか。各動作に合わせたエクササイズを選択してトレーニングを行っていきます。

各トレーニングをしっかりやれば、相乗効果が!

細かいプログラムの話をしたらきりがないので、超シンプルにかくと

助走⇒ダッシュ、各種ランジなど

ジャンプ⇒バーティカルジャンプ、パワークリーンなど

インパクト⇒ツイスト腹筋やプッシュ&プル、ウッドチョップなど

が、おもにあてはまるエクササイズになります。

ただ、「ダッシュしたからって、助走スピードや助走時の姿勢の安定性だけが向上するわけではない」というのが、トレーニングの面白いところ。ダッシュすれば神経系が活性化されてジャンプ力の向上につながることも期待できるし、ランジをウエイトトレーニングに取り入れたらレシーブにも変化をもたらすかもしれません。

技術練習もやってはじめて、スパイク速度は向上します

ちゃんとスパイクの練習もして、はじめてスパイク速度は速くなります。トレーニングだけ頑張ってもダメです。細分化・簡略化した要素を向上させることに加えて、それを次は「一連の動作」としてつなげること、実際にボールを打つ動作につなげることをしなければ「スパイク」は完成しません。

トレーニングも必要。技術練習も必要。

トレーニングだけならバレーは上手くならないし、技術練習だけだと頭打ちになったり、怪我をするリスクが増えます。どちらもやってはじめて最大の効果が出るものなので、練習もトレーニングもしっかり頑張りましょう!


▼「いいね!」すると最新情報をお届けします!▼

-アスリート, カラダづくりのコツ
-,