洞察力

東京都小金井市在のトレーナー瀧本銀次朗が運営するパーソナルメディアです。

考えていること

トレーニングにたいしてやる気がでないのならそのままでもいい

トレーニングをやらない、やれない、続かないのが「やる気がなかなかでない」という理由の場合、どうしたらいいのか?

やる気を出すには?やる気になるには?

そんなメンタル面に悩みがあったら、この記事を読んでください。

「そんなの関係ねぇ!」と死語になりつつある言葉がにあう内容です。

スポンサーリンク

トレーニングを始めることにやる気なんて関係ない

競技をやっていて成功したいとか、絶対に肉体改造に成功したいとか、危機感や強い欲望、願望でもなかったらそもそもトレーニングに取り組むことに対する「やる気」なんてたいして必要ないし、変に意気込む必要もないです。

トレーニングは歯磨きやトイレなんかとおなじことです。フツーに日常的にやること。日常の一部なんです。歯磨きや風呂トイレに気合い必要ですか?っていうことです。

トレーニング効果を感じ続けるためにいちばん大切なのは、「習慣化」

トレーニング効果を得るには、1回や2回のトレーニングではムリです。効果を持続させたいのなら、トレーニング自体の継続が必要です。効果を得る、持続するには永遠の継続⇒習慣化する必要があります。

この「習慣化」にも、やる気なんてものはまったく必要ありません。そんなしょっちゅうやる気出してたら疲れちゃうじゃないですか。もっと生活のなかでやる気が必要になる場面って沢山あるでしょ?そのためにとっときましょうよ。

習慣化させるものに意気込みは必要ない、というか意気込みが邪魔になる

何かしら明確な目的・目標・期限なんかがある場合、話はかわります。甘え厳禁。言い訳無用。しっかり気合い入れて本気で取り組む必要があります。

でも、めったにそこまで「肉体」「体力」にたいして切羽詰まった状態ってないですよね?

だとすると、単なる手段のひとつである「トレーニング」をやることにやる気なんて必要ないはずです。歯磨きみたいにフツーにやったらいいんです。トレーニングも生活の一部。特別意気込んでやるものでもないです。

たまについうっかりおろそかになることもあるかもしれません。でも、そんなことトレーニング以外にもよくあることじゃないですか。ぜんぜん難しく考える必要がありません。どこかで帳尻合わせすればいいだけのことです。

これを変に「よっしゃ!やったる!!」なんて意気込んじゃってちょっとでも上手くいかないと、もうやりたくなくなっちゃうんです。気合いや意気込みが、かえって習慣化の妨げになるんです。

そもそも気合い入れなきゃ出来ないようなことは、習慣化なんて絶対できません。それならはじめっから気合いも意気込みもなくフツーにノリで始めたらいいんです。

具体的なやり方や正しい知識は得ておいたほうがいい

といっても、テキトーにやったらいいじゃんというわけでなく、やるなら最低限の知識と方法は知っておいたほうがいいです。

なぜなら、トレーニングはやり方によっては健康を害することもあるから。あなたがイメージしているよりエネルギーを消費していなかったり、知らない間に関節に無理な負担をかけていたり、ぜんぜん意味ないやり方でトレーニングしていたら効果もでないし時間のムダだし、もしジムでやっていたらお金もムダです。

どんな人も、トレーニングに対する正しい知識は最低限得ておいたほうがいいでしょう。最低限の知識を得ることで、自分の求めるトレーニング効果を得るための方法がはじめてわかりますし、思っていたより本格的にやりたくなるかもしれないし、逆にそこまで求めてないから最低限のことだけやろうとなるかもしれません。人の真似じゃ絶対ダメです。効果が出ません。

正しい知識を得たい方にはこのサイトは役に立つとおもいますし、今後もどんどんコンテンツは追加していく予定です。もしくはジムのトレーナーにはじめだけ面倒を見てもらうのもアリだと思います。

ぜひ変に肩肘張らず、トレーニングに取り組み始めてみてください!


▼「いいね!」すると最新情報をお届けします!▼

-考えていること
-