洞察力

東京都小金井市在のトレーナー瀧本銀次朗が運営するパーソナルメディアです。

考えていること

スポーツに活きるトレーニング?トレーニングをスポーツに活かす?

2017/01/03

スポーツ動作に近いトレーニングを行うことについて、今回は書いていきます。

なかなかはじめにまとめちゃう形式が好評だったので、今回はもうはじめにまとめます!

  • スポーツ動作に近いトレーニングはイメージしやすい
  • イメージしやすい反面、体力強化への効果が薄い
  • 「使えない筋肉」はない。自分が筋肉をまだ使いこなせていないだけ
  • スポーツ動作に近づけようとすればするほど、負荷がかけられなくなる
  • 「スポーツ動作」でなく「動作パターン」を鍛えるのがトレーニング
  • 意識すべきは種目以上に技術・戦術を磨く時間との時間配分
  • スポーツに活きるトレーニングを考えるより、トレーニングした身体を練習でスポーツ仕様にしていこう!

フカボリしたいかたはぜひ続きを読んでください。

スポンサーリンク

スポーツ動作に近いトレーニングはイメージしやすい

スポーツを実施している側からしたら、自分自身のスポーツ動作に近いフォームのトレーニングをやる方が、競技に直結したトレーニングをしていて効果が出ているっぽい感覚になると思います。いつもやっているスポーツ動作に負荷を加えれば、「あーここ使ってるんだな」というイメージはとってもしやすいはずです。

スポーツ動作に近いトレーニングは、体力強化への効果が薄い

すべてにおいて言い切れるものではありませんが、競技特有の動作であればあるほど、その動作に近づけたトレーニングをしようとすると体力強化への効果が薄くなります。筋トレでいえば筋肉の増量や筋力の向上、パワーの向上に対する効果が小さくなります。

もうこれって、技術のトレーニングなので、こちらの記事でもご紹介したように、大きな負荷がそもそもかけられないわけです。私もスポーツ動作をイメージしやすいような種目をプログラムに入れることはありますが、それだけになってしまうとトレーニング本来に期待したい「体力強化」をできなくなってしまうのでいつも配分には気をつけています。

「使えない筋肉がついた」のではなく、「まだ筋肉をつかいこなせていない」だけ

トレーニング効果が競技にそのまま直結したら、世の中で最も優れたアスリートはウエイトリフターかパワーリフターかボディビルダーになります。もちろん現実はそうではないはずです。

ウエイトリフティング・パワーリフティング・ボディビルディングにもそれぞれ競技特性や技術的特性があるように、各競技にも特別な技術があります。

トレーニングでついた筋肉はそのまま放っておいても競技には活かされません。これはよく「使えない筋肉」などと言われますが、正しくは筋肉が使えないのではなく、筋肉を自分自身がまだ使いこなせていないだけです。

スポーツ動作に近づくほど、負荷をかけられなくなる

以前の記事でも書いたように、スポーツの動作は複雑です。ある局面では強い負荷がかかるけど、次の瞬間それが一気になくなるということも起こります。身体から力を出す順番も複雑です。これはバーベルやダンベルを扱っていてはなかなかできません。それなら技術練習に集中した方が効率はいいはずです。

「スポーツ動作」ではなく「動作パターン」を鍛える

???ってなってしまうと思いますが、スポーツ動作はあくまでスポーツ動作なので技術練習の繰り返しによって身につけていったほうがいいです。「動作パターン」とは、スポーツ動作うんぬん以前の基本的な身体の動きのことです。スポーツ動作よりも、もっと単純で基本的な動作に負荷をかけ鍛えていくことで、身体の土台をかためて複雑なスポーツ動作の繰り返しにも耐えられるタフな身体を作っておくことがパフォーマンスアップにも怪我の予防にも重要なことです。

練習を犠牲にしすぎない

一概にはいえませんが、いわゆる「使えない筋肉」になっていく人の大半がトレーニングばっかりやりすぎです。

競技の練習を行った上での補助的な役割がトレーニングです。もちろん時期によっては体力的に追い込みをかけて土台づくりに集中することも大切ですが、練習に大きな支障をきたすようなトレーニングは避けるべきです。トレーニング量を減らすことも考える必要があるかもしれませんし、なにより「疲労」のコントロールができなければ体力さえもついていきません。

スポーツに活きるトレーニングでなく、トレーニングした身体をスポーツ仕様にする

特定の競技を行えば、それに活きるものをやりたいというのは自然なことです。ただ、残念ながらトレーニングはそんなに都合のいいものではありません。

どうしてもスポーツにあわせたトレーニングを行うことに注目がいきがちですが、トレーニングした身体を、練習によっていかに自分のスポーツにあわせた身体にしていくか?という考え方が本来の正しい考え方です。あくまでも補助的な役割のトレーニングは、質の高いハードな練習をしたうえで行わないかぎり、トレーニングしたとしても「使えない筋肉」にしかなりません。

そのためにもスポーツそのものを行うことがとても重要であることは間違いありません。パフォーマンスアップをトレーニングに頼るのではなく、トレーニングをうまくつかって、パフォーマンスアップを向上させていきましょう。


▼「いいね!」すると最新情報をお届けします!▼

-考えていること