洞察力

東京都小金井市在のトレーナー瀧本銀次朗が運営するパーソナルメディアです。

カラダづくりのコツ

追い込みゃいいってもんでもないけど、追い込まなきゃわからないこともある

2017/01/03

精神論・根性論ともいえるかもしれないけど、追い込みは必要だと思います。

フィジカルトレーニングだけ追い込むっていうのは私はちょっと違うかなと思っていますが、ハードなフィジカルトレーニングの積み重ねがスタミナの向上や疲労回復能力をたかめ、結果的に精神的にタフになることは間違いないでしょう。しんどいもんね。

精神論として語らなくても、スタミナがついて、疲労回復能力も高ければ、それだけ競技中のプレーにも余裕が生まれます。変なミスも減るでしょう。これが結果的に「メンタルが強い」と評価されることにつながっていることもあります。

追い込みゃいいってもんではないけれど、たかいパフォーマンスを発揮できるようになるにはそれなりのレベルのトレーニングが必要であって、それって追い込むつもりなくても結果的に肉体的にも精神的にもかなり酷な内容であることには間違いないでしょう。

しっかりトレーニングして、しっかり休んでの繰り返しでアスリートは強くなります。しっかり休まなきゃマズい、全然動けないくらいのハードなトレーニングをしなければ日々のケア・メンテナンスの重要性に気づけないこともあるでしょう。これが「怪我をしてやっとコンディショニングの必要性に気づいた」じゃあ遅いんです。怪我なんてしないにこしたことはないんだから。

トレーニングはからだを一度こわす作業であって、そのあといかに質のたかい休息と栄養摂取ができるかが、よりパフォーマンスを向上させるためには重要です。半端な追い込みだと、この大切さになかなか気付けないんじゃないかな、と個人的には思っています。

怪我しないギリギリラインを常に攻めつつ、より迅速な回復を繰り返すことで、パフォーマンスは最大限まで向上していくでしょう。


▼「いいね!」すると最新情報をお届けします!▼

-カラダづくりのコツ
-,