洞察力

東京都小金井市在のトレーナー瀧本銀次朗が運営するパーソナルメディアです。

カラダづくりのコツ

トレーニングは偏ることなく満遍なくやるのがいい

2017/01/03

個人でやっているのか、チームでやっているのかでも変わることですが、トレーニングは満遍なくやるのがいいです。

特定の要素だけを絞って行うことは、その効果が大きく出る反面、「それだけでいいの?」ってことにもなります。

バレーボールなら、瞬発力も必要だけど持久力も必要。どっちが大切かってどちらも大切だし。たとえ持久力が劣っていたとしても、じゃあ瞬発力は十分に事足りているのか?といえばそうではないでしょう。理想は常に向上っすよ。

といっても理想通りにはいかないので、時期によって優先順位をつけたり、チーム全体で行うものとは別に個別で行うものがあるといいです。もちろん疲労の管理はしなきゃいけませんが。あとは負荷設定微妙に変えるとか。

そもそも、トレーニングである特定の効果「のみ」を出すことのほうが難しいです。

ほんの数回しか持ち上げられないような重さでトレーニングすると、筋肉が大きくなることよりも筋力そのものの向上に効果があるといわれていますが、じゃあ筋肉は全然大きくならないの?っていうと、ちょっとはデカくなります。筋トレで筋力向上すればそれだけ動けるキャパシティが増えるから、結果的に持久力の向上につながることもあります。

トレーニングには、「おもに」効果がでる要素があるだけで、「だけ」の効果というのはトレーニングではあまりないし、こういうのはあんまりやらなくてもいいと思います。だって、それってもったいなくないですか?そのぶん競技やったらいいじゃんって私は思うんですよね。

なんていっている私も、特定の要素だけを向上させるであろうトレーニングもプログラムには取り入れます。メインのトレーニングに入る前にちょこっとそういうのをやったりすると、力が入りやすくなったり、からだを動かしやすくする効果が期待できるからです。なので、やるといっても刺激を加える程度。そんなに時間もかけません。5分とかどんなに長くても10分くらいです。


▼「いいね!」すると最新情報をお届けします!▼

-カラダづくりのコツ
-,