洞察力

東京都小金井市在のトレーナー瀧本銀次朗が運営するパーソナルメディアです。

アスリート カラダづくりのコツ

筋トレしたら、身体が重くなって動きにくくなるというのはウソ

2017/06/15

筋トレしたら筋肉がついて身体が動かなくなる。

筋トレしたら身体がおもくなる。

っていうことについて、今回は記事を書いていきます。

【まとめ】

  • 計画的に筋トレした結果得られる効果は、かえって身体が軽く感じるもの
  • 同じ体積でみれば筋肉は脂肪よりも重い。ただ、筋肉は「エンジン」であり、脂肪は「重り」である
  • 体重は増えるかもしれない。でもそれがスピードが落ちることとは関係ない
  • 筋トレだけでなく、そのほかのトレーニング、練習を並行してやっていればそう動けなくはならない

スポンサーリンク

筋トレは上手くやればより動けるようになる

筋トレは重量や動作スピード、回数、休息時間などによって得られる効果が変わります。その特徴をうまく使って計画的に筋トレを行うことで、競技パフォーマンスの向上や傷害予防に活きる身体になっていきます。

中程度の重量で行えばおもに筋肥大、高重量で行えばおもに筋力向上、ここに「高速」というスピードの要素を加えることで「最大パワー」を主に鍛えることができます。

重量と回数や継続時間、休息時間などを変更させるだけで、より多くの効果をもたらすことが筋トレには可能です。上手くこれを使いこなすことができれば、あなたの身体は動きにくくなるどころか、かえってどんどん機動力を増していきます。

同じ体積でみれば、筋肉は脂肪よりも重いのは事実

同じ体積で考えたら、筋肉は脂肪よりも重いです。もしあなたの身体中の脂肪を筋肉にごっそり入れ替えたら、体重は増えます。

じゃあ筋肉がついたほうが重くなって動けなくなるじゃん!というのは、ちょっと違います。

筋肉は「エンジン」脂肪は「重り」

筋肉は動力のもとです。車でいえばエンジンにあたります。エンジンが大きければそれだけ重くなりますが、大きなパワーも出すことが可能です。

軽自動車とスポーツカーなら、軽自動車のほうが軽いはずです。でも速く走れるのはスポーツカーですよね?このふたつはエンジンが全く違います。

脂肪はというと、これは多くの場合「重り」です。保温効果、身体の保護効果ももちろんありますから、必要ないとまではいいませんが、最小限しかいりません。

より機動力をもとめて軽量化したいなら、筋肉量を増やさないこと以上に脂肪を減らすことのほうが重要でしょう。筋肉量がへれば、それだけエンジンのパワーは減るということです。

トップアスリートは筋トレだけをしているわけじゃないから動ける

もし筋トレだけをやっているとしたら、スポーツをやっていて「身体が動かなくなった」と感じることがあるかもしれません。アスリートであれば、競技のパフォーマンスアップが目的ですから、必ず練習は並行してやるべきですし、筋トレ以外のトレーニング(たとえばアジリティドリルやジャンプトレーニングなど)も合わせて行う必要があります。

筋トレ以外のこともしっかりとやっていれば、動けなくなる、身体が重くなるといったことはそうそう起こりません。現にトップアスリートやトップチームは、普段の練習に加え、筋トレや持久力トレーニング、ジャンプトレーニングなど様々なことを並行して計画的に行っています。


▼「いいね!」すると最新情報をお届けします!▼

-アスリート, カラダづくりのコツ
-,