跳躍力

ジャンプ力を高めるためのトレーニングの探求

ジャンプ力の向上

下半身の筋トレをしてもジャンプ力は伸びない!??

2017/10/30

ジャンプ力向上のためのトレーニングを教えて欲しいと言われることがあるんですが(バレーやバスケが対象だから、そりゃそうか)、もうこれはシンプルに「ジャンプする」トレーニングを積むのがいちばんです。

さらに、ジャンプに合わせて「筋トレ」をやるんですが、先日選手から鋭い質問があったのでその内容をもとに今日は記事を書いていきます。

スポンサーリンク

下半身の筋トレしても、ジャンプ力は伸びないんじゃないか?

選手からは、こんな質問を受けました。

「下半身の筋トレして、ジャンプ力って伸びないんじゃないですか?」

彼の考えとしては、

  • ジャンプっていうのはものすごい素早い動きなんだから、筋トレみたいな遅い動作は役に立たない
  • 遅い動きをしていると、遅い動きしかできない筋肉がついてしまうんじゃないか
  • 筋肉なくても(身体の線が細くても)、高く跳べる奴もいる
  • 筋肉ついて身体が重くなったら、跳びにくくなりそう

といった感じでした。

自身の能力を高めるためフィジカル強化にも積極的に取り組んでいる彼だからこそ、自ら学び考えることで浮かんできた疑問なのでしょう。こういう反応は、指導者としてめちゃくちゃ嬉しいです。お互いのトレーニングに対する共通認識が深まるチャンスなんですよね。

下半身の筋トレ「だけ」では、ジャンプ力は伸びない!

彼の言う通り、下半身の筋トレが直接的にジャンプ力の向上につながるかといえば、その可能性は低いです。

トレーニングには「特異性の原理」というものがあって、基本的にはやったものしか上達しません。

下半身の筋トレで向上するのはその筋トレで扱える重量や反復回数です。

ジャンプ力伸ばしたければ、やるべきことはジャンプの練習です。

もっといえば、スパイクの最高到達点伸ばしたかったらスパイク練習しなきゃいけません。

こういった特異的な練習に筋トレを加えることで、よりジャンプ力を伸ばしやすくするのがトレーニングをわざわざやる目的です。

筋トレ「だけ」で伸びないのは正しい考え方ですし、だからといってジャンプ「だけ」だと頭うちになることも事実です。

この辺りの考え方については、こちらを読んでいただければと思います。

確かに筋トレの動作スピードはパフォーマンスに影響する

筋トレのような遅い動きをずっとしていると競技に支障が出る可能性は否定できません。

ただ、筋トレの最大の長所でもある「最大筋力の強化」を行うには、それなりの高重量を扱う練習をしなければ、正直あまり筋トレの意味がありません。

高重量になればなるほど、必然的に動作スピードは遅くなります。

また、正しいフォームを習得する際は、軽い重量でもわざとゆっくり行うこともあります。

競技そのものに直結しなくても、長い目で見ればこういった遅いスピードのトレーニングも必ず必要になります。

ただ、そのまま遅いスピードのトレーニングばかりをやっていてもやはり速い動作に適応できなくなってしまうので、速い動作のトレーニングも合わせて行います。

どちらもやるとなると、かなり膨大な量のトレーニングが必要になりそうですが、トレーニングの時間は限られています。なので、時期によってトレーニング量や動作スピード、重量のコントロールをしていく必要があります。ここが専門職の腕の見せ所、と言っても過言ではないでしょう。

比較的細身でもジャンプ力が高い選手

こんな特徴を持った選手は、筋トレしてなくてもジャンプ力が高いことがあります。

ただ、ジャンプには「着地」という動作が含まれますから、怪我の予防のためにもトレーニングは必要となります。

  • 手脚が長い(腱が長い=バネがある、腕の振込みが強い)
  • ジャンプのフォームがいい(身体の使い方がうまい)
  • 体脂肪率が低い(無駄な重りを担いでいない)

ジャンプのフォームや体脂肪率の低さは、努力次第でもどうにかなることです。

競技練習、ジャンプの練習、トレーニング、すべてをしっかりと行うことができる選手だけが、最高の結果を得ることができます。

 


▼「いいね!」すると最新情報をお届けします!▼

-ジャンプ力の向上
-,