頭のなか

体幹を強化したいすべての人が、必ず守らなければならないこと

2016/06/14

体幹を鍛え、強くしたいのなら、トレーニングをすること以外にも必ず守らなければならないことがあります。

スポンサーリンク

体幹を強くするには、良い姿勢を保ち続けなければならない

体幹を強くする(ここでは、「体幹部位の安定性を強化し、下半身から上半身への力の伝達が上手くいくようにすること」とします)には、姿勢がキーポイントとなります。

いくら腹筋背筋しても、いくらプランクで長時間我慢できるようになっても、適切な姿勢をつくり、それを保てるようにならなければ体幹が強くなったことを最大限感じることはできません。

プランクを行っている際の姿勢はもちろん、他のトレーニングや競技練習時、そして日常生活においても姿勢は意識しなくてはいけません。

今まで通りの日常を過ごしていては、体幹は強くならない

あなたがもし、今まで椅子の背もたれに寄りかかって座るクセがあったとしたら、

あなたがもし、背中を丸めて長時間パソコンやスマートフォンを操作する習慣があったとしたら、

それを改善しない限りは体幹は強くなってはくれないでしょう。

朝起きてから夜寝るまでに、いかに長時間良い姿勢を保っていられるか?

これが、体幹トレーニングそのものと同じくらいに体幹の強化には大きく影響します。

気づいたら姿勢を正す。これをクセにしよう

どんなに意識しても、はじめのうちは「気づいたら背中が丸まっていた」「肘に顎をついて座っていた」「背もたれに寄りかかっていた」ということが頻繁におこります。

そんなときは、気づいた瞬間にその姿勢を理想的なピンと伸びた姿勢に戻しましょう。

いかに理想的な姿勢でいる時間を長くできるか?これはトレーニング効果にかなり影響します。

もちろんトレーニングもきっちりやろう

フォームはもちろん、指定された頻度をこなすことができるかも大切です。たまにやるだけじゃ絶対に効果は出ません。これははっきり言えます。他のトレーニングとの兼ね合いもありますが、連続しない日に週3回程度はこなしたいものです。

特別な器具や広いスペースも必要としない体幹トレーニングは、やっているやっていないの原因の大半が本人次第のトレーニングです。

最高の結果をだすため、強い意志を持って取り組みましょう!!


▼「いいね!」すると最新情報をお届けします!▼

-頭のなか
-