洞察力

東京都小金井市在のトレーナー瀧本銀次朗が運営するパーソナルメディアです。

考えていること

体幹は毎日鍛えても大丈夫?

2017/01/03

今回は体幹トレーニングの頻度について。

「毎日やっても大丈夫って本当ですか?」という質問があったのでお答えします!

スポンサーリンク

プランクエクササイズなどは、基本的に毎日やっても問題なし

おなじ姿勢をキープするプランクエクササイズなどは、基本的に毎日やっても大丈夫なエクササイズです。適切な姿勢をキープできる範囲でという条件付きですが、基本的にはやっていいと私は教えています。

タイミングとしては、トレーニング前や練習前のウォームアップのひとつとして行うことが多いです。もしくは体幹部位をメインとしたサーキットトレーニングのひとつとしてトレーニングに取り入れたりもします。

体幹を追い込むというよりは、体幹に刺激を加えるイメージ

毎日実施する場合は、体幹を「追い込む」というよりは、「しっかりと刺激を加える」というイメージが適切かもしれません。

疲労困憊まで追い込み切るというよりも、他のエクササイズでも体幹がしっかりと機能してくれるように目を覚まさせる、という感じでしょうか。なので、ニュアンス的には限界ギリギリよりも2〜3歩くらい手前の運動にしています(試合までの期間などによって多少は感覚を変えますが)。

他のトレーニングでも体幹が使われることを念頭に!

体幹という部位は、身体動作の中で常に使われている部位でもあります。

なので、他のトレーニングでも体幹部位は鍛えられているといっても間違いではありません。

体幹に無理にフォーカスをあてなくても、全身を満遍なく、様々な基本の身体動作を取り入れた動作(押す・引く・踏み込む、など)をトレーニングに取り入れていれば体幹の機能も向上するし、かえってその方が四肢(手足)との連動も同時に鍛えられて体幹トレーニングは強度の高いものができるけど、プレーにそれが繋がらないという残念な結果を回避できるようになります。

他のトレーニングでも体幹が機能しているということは、捉え方を変えれば体幹を追い込みすぎると他の動作・トレーニングに支障が出るかもしれないということです。これって結構もったいないことなので、毎日やってもいいけど、ほどほどが無難です。

いわゆる体幹トレーニングは、あくまで補助的なトレーニングであることを忘れないようにしましょう!


▼「いいね!」すると最新情報をお届けします!▼

-考えていること