洞察力

東京都小金井市在のトレーナー瀧本銀次朗が運営するパーソナルメディアです。

ダイエット・ボディメイク

体幹トレーニングしたって、くびれはできない??

2016/06/14

体幹トレーニングと聞けば、「お腹周りのトレーニング」「お腹周りの筋トレ」というイメージが強いと思うので、「くびれができる!!」「ウエストが細くなる!!」という期待をしている人もいるかもしれません。

夏に向けて体づくりにはげんでいる方もいると思うので、今回は体幹トレーニングと体型の改善について書いていきます!

スポンサーリンク

体幹トレーニングでは、くびればできません!

体幹トレーニングでは、残念ですがくびれはできません。

体幹トレーニングは多方向から様々な負荷を加えます。なので、どんどん筋肉は発達していくんです。くびれどころではありません。むしろ寸胴に近づいていく可能性もあります。

・・・というとなんか「体幹意味ねーじゃん」みたいな印象を与えてしまいかねないので、補足していきます。

なぜウエストはくびれているのか?

ウエストのくびれは、肋骨と骨盤の間にあります。くびれのできる部分には、骨などの出っ張ったものがないためキュッとそこだけ細くなります。

なので、ウエストが細いのとくびれているのとは必ずしもイコールになりません。ウエストはサイズそのものである一方で、くびれは肋骨や骨盤の大きさとのギャップできまります。胸囲とバストが違うのと一緒です。

ウエストがいくら60cm切っていても、お尻がちっちゃかったり、上半身が華奢すぎたらくびれはそこまで目立たないし、ウエストがある程度あってもお尻が発達していたり、背中や肩が適度に発達していればくっきりとしたくびれができます。

くびれに影響するもの

骨の大きさは変えられないので、単純な話、くびれの部分になにもなければないほど細いくびれにすることができます

くびれを形成している部分には、内臓・筋肉・脂肪があります。つまり、内臓・筋肉・脂肪がどれだけのくびれをつくれるかに大きく影響しているんです。

ご飯をたくさん食べた後なら一時的に多少ウエストが太くなります。これは胃に食べ物がまだ消化されずに残っているからであって、内臓の問題です。便秘気味の人なんかもお腹がポッコリ出ていることがありますが、これも内臓の問題です。

筋肉は腹横筋・内腹斜筋・外腹斜筋・腹直筋と何層かに分かれています。体幹トレーニングでは、主にこの筋肉たちがよく鍛えられます。

脂肪は多ければ多いほど、くびれの形成を阻害します。ただ、どちらかというと女性よりは男性の方がお腹周りの脂肪はつきやすく、女性はお尻周りにつきやすいのが特長です。

体幹トレーニングを頑張っても、くびれはできない

以上のことを踏まえると、くびれをつくることに必ずしも「体幹を鍛える」ことが必要でないことがわかると思います。体幹鍛えて、体幹部位の筋肥大がおきたらくびれませんよね。

ウエストの引き締めには体幹トレーニングは効果的

くびれをつくるという概念とはちょっと違って、ウエストを引き締めるという意味では体幹トレーニングは効果的でしょう。腹横筋・内腹斜筋・外腹斜筋・腹直筋といった筋肉は、内臓を正しい位置で支えるためにも必要な筋肉です。内臓が正しい位置になければ、下っ腹がポッコリ出てきたり、排泄が悪くなりこれもおなかのポッコリにつながります。

くびれをつくるにはどうしたらいいの?

これはまた詳しく記事を書こうと思いますが、ざっくり書くとこんな感じ。

  • 暴飲暴食をしない
  • 消化のいいものを食べるように心がける
  • 便秘の人は便通を改善する
  • 適度に体幹トレーニングを取り入れ、内臓を正しい位置に保つ
  • 体幹トレーニング以外のトレーニングも行い、姿勢を改善することでより内臓と骨格を適切な位置に保つ
  • お尻や背中など、全身の筋トレをすることでよりくびれを強調できるようにする
  • 活発な身体活動で脂肪燃焼!

 

くびれづくりは、運動もそうだけど、食事がかなり大切!

「夏までには!」という方は、今日からでも始めましょう!!


▼「いいね!」すると最新情報をお届けします!▼

-ダイエット・ボディメイク