洞察力

東京都小金井市在のトレーナー瀧本銀次朗が運営するパーソナルメディアです。

考えていること

「何か」を成し遂げるための犠牲〜尊敬するTim先生の教え〜

2016/07/18

こんにちは。東京都・千葉県の出張パーソナルトレーナー瀧本銀次朗です。

3〜4月というとは、いろいろな動きの起こりやすい時期でもあるようです。

別れもあれば、出会いもある。

自分はなにがやりたいのか?

そのために、今何をすべきなのか?

そんなことを、考えたり考えなかったりしながら、最近は過ごしています。

「何かひとつのことを成し遂げるには、それだけの犠牲を払わなきゃならない」

というのは、私が尊敬するティム・グローバー氏の言葉です。

リレントレス 結果を出す人の13の法則
ティム グローバー シャリ レサー ウェンク
スタジオタッククリエイティブ
売り上げランキング: 285,632

この言葉が何度も何度も頭をめぐる1ヶ月間を過ごしています。

 

犠牲を払うというのは(周りの人からしたら犠牲とはいわないかもしれないけど)、いつでもタフな行為です。

精神的にはだいぶまいります。さすがに自分も一瞬ふさぎ込みます。

 

ただ、

犠牲を払っただけでは成果は何も残せない。

犠牲を払い、その苦痛に打ち勝つことで、犠牲を払う前以上の次元にまでたどり着くことができる。

少なくとも、私はそう思っています。

 

目先のチャンスに飛び込むことは簡単。

一方で、目先の課題から目を背けてはいけない。

チャンスは掴まなきゃどんどん逃げていく。

一方で、そのチャンスを掴むことによって払う犠牲と、

チャンスを掴まなかったことによって払う犠牲と、

どちらがいいのか?

それを常に判断する必要がある。

 

誰かから必要とされる、期待されるというのは、

何事にも変えがたい名誉なことです。

 

だからこそ、自分が今なにをすべきか?

それを、はっきりさせなければいけないと思います。

 

チャンスに飛び込むのも、

あえてそれを見逃すのも、

すべて自己責任。すべて自分が決めたこと。

 

自分の判断が正しかったことを、

これから先の働き方、生き方で証明していかなくてはならないと思います。

 

私は千葉ゼルバの一員であり、

チャレンジリーグⅠ昇格に貢献することが今の使命。

 

父親以上の存在である社長の下で、

父親以上の存在をギャフンと言わせるくらいの成果を出すことが今の使命(詳細はトップシークレット)。

 

これができなきゃ、みっともなくて次のステージへは行けません。

これができなきゃ、チームも会社も離れるわけにはいきません。

 

チャンスをいただけるのは本当に嬉しい。

「逃したら次はないかもよ」と、

いろんなひとに何度も言われます。

 

そんなことはわかってる。

そうかもしれんけど、今じゃないんだ。

自分には今、もっと大切なことがある。

チームと、親父の力になることが今は最優先。

 

…と書いていたらなんかいい感じに心のモヤモヤが晴れてきた。

仕事しよ。

4月最終週。今週は忙しくなるぞ!


▼「いいね!」すると最新情報をお届けします!▼

-考えていること