洞察力

東京都小金井市在のトレーナー瀧本銀次朗が運営するパーソナルメディアです。

カラダづくりのコツ

ウエイトトレーニングの前に全身の筋膜リリースをやっている理由

2017/01/03

こんにちは。東京都・千葉県のパーソナルトレーナー瀧本銀次朗です。

私はウエイトトレーニングの前には必ず、グリッドフォームローラーによる筋膜リリースを行います。

部位は全身まんべんなく。特に左足底部と左体側部はコンディションが悪いとめちゃくちゃ痛いので、重点的に行っています。

どんなエクササイズの日であっても、全身まんべんなく筋膜リリースをやっているのにはそれなりの理由があります。

スポンサーリンク

筋膜リリースを全身まんべんなくやる理由

理由はふたつあって、

ひとつは、「筋膜は全身ひとつに繋がっているから」

もうひとつは、「筋膜リリースを通じてその日のコンディションを把握するため」

私は、このふたつの理由で行っています。

筋膜は繋がっている!

筋膜は全身タイツのように身体全体を覆っています。

全身がつながっている、ということなので、ある一部分の筋膜の機能に異常があると、その部分だけでなく全身に大なり小なり影響が出ます。

そうならないためにも、特定の部位だけでなく全身の筋膜が正常に機能している必要があるんです。

全身のリリースを試みることで、コンディションの把握ができる!

全身まんべんなくといっても、すべて入念に行うわけではなく、

フォームローラーをコロコロ転がしながら、痛みがある部分を重点的に行います。

痛くないところはひところがし、ふたころがしくらいでさっさと終わらせてしまうんです。時間もったいないしね。

日によって痛くなる部分や範囲、程度はちがいます。こうやってその日のコンディションを自分で確かめながら効率的にリリースを行い、必要であればちょっとしたコレクティブエクササイズを行ってからトレーニングに入る、という流れをふみます。

トレーニング前の筋膜リリースはコンディション管理のためにもおすすめです!

ウエイトトレーニングの前だけではなく、普段の練習の前、試合の前にまず筋膜リリースを行うことで、コンディションの把握を自分でおこなうことができます。と、同時に自分で必要なところを重点的にリリースできるので自分自身である程度のコンディション管理が可能です。

もちろんトレーナーやトレーニングコーチ、コンディショニングコーチの指導を仰いだり、手技を受けることは効果的です。

ただ、それに甘えてばかりでは、本当にコンディションを良好に保つことは難しいでしょう。四六時中あなたのそばにマンツーマンでそういった人がいるわけではないですから。

自分でできることは自分でやる。これもまた、さまざまな舞台で最高のパフォーマンスを発揮するにはひつようなことであると思います。

 

リバウンドしないダイエットを実現する!船橋市のフィットネスクラブ

「ダイエットサポートプログラム」割引キャンペーン実施中!(2016/5/31まで)

▶︎エニタイムフィットネスセンター船橋本町通り

▶︎Facebookページはこちら!


▼「いいね!」すると最新情報をお届けします!▼

-カラダづくりのコツ
-, , ,