洞察力

東京都小金井市在のトレーナー瀧本銀次朗が運営するパーソナルメディアです。

ダイエット・ボディメイク

筋肉をつけるには毎日の食事で筋肉を食べるのが基本

2016/07/13

こんにちは。東京都・千葉県のパーソナルトレーナー瀧本銀次朗です。

基礎体力の向上や体型の改善には、筋肉量を増加させる(適切な表現としては、『運動や食事によって筋肉が結果的についてくる・増えてくる』ですが)ことがとても有効です。

筋肉をつける、といえば筋トレがパッと思い浮かびますが、筋トレをしただけでは筋肉は増えません。

筋肉をつけるには、食事にも工夫が必要です。

スポンサーリンク

筋肉をつけたかったら、筋肉を食べるのが基本

筋肉をつけたかったら、筋肉を食べるのが基本です。

私たちが普段食べている筋肉といえば、

鶏肉、豚肉、牛肉

こういったものが代表的です。

これらのには、筋肉のもととなる「たんぱく質」がたくさん含まれています。

トレーニングするだけでなく、たんぱく質を摂取することではじめて、筋肉がついていきます。

筋トレはあくまで『壊す』作業

筋トレだけじゃダメなの?

と、思う方もいるかもしれません。

ダメなんです。筋トレだけじゃ。

筋トレはあくまで破壊作業。壊しただけでは強くなりません。

一旦壊して、それが修復されるときに強くなるんです(超回復、というやつです)。

修復中の過ごし方が、筋肉の成長に大きく影響します

その修復中に、ただ修復されるのを待つのか。

それとも、修復に必要なことをして修復を促すのか。

これが、筋肉の成長には筋トレで筋肉を壊すのと同じくらい重要です。

筋肉を修復するには材料が必要です。その最も重要な材料ががたんぱく質です。

プロテインを飲むと筋肉がつくって本当?

筋肉つけるには、プロテインがいいんですよね?と、聞かれることが多いですが、たしかにプロテインは有効です。

ただ、プロテインって英語で「たんぱく質」って意味なので、特別なものでもなんでもありません。

肉でもいいじゃん。というのが正直なところ。

そっちのほうが美味しいし。

確かにプロテインには吸収の速さや手軽さがあるので、ゴールデンタイム(筋トレをした直後から30分以内のたんぱく質摂取が最も効果的と言われています)を逃さずたんぱく質摂取ができる、という利点はあります。

ただ、食事で摂取できるならそのほうが余計なお金も使わずたんぱく質以外の栄養素も摂取できるし、カロリーオーバーするリスクも減ります。

すごいムキムキになりたいとか、筋トレのボリュームが多くて栄養摂取しなきゃ逆効果になるとか、どうしても食事だけではたんぱく質を補えきれなさそうな場合に使うことがプロテインを賢く使う方法でしょう。

肉だけじゃない!たんぱく質が豊富な食材

肉の他にも、たんぱく質が豊富な食材はたくさんあります。

魚・卵・乳製品・豆類などがそうです。

たんぱく質と共に、お肉とはまたちがった栄養素を摂ることができるので、肉だけにはしらずいろいろな食材を食べることをお勧めします!!


▼「いいね!」すると最新情報をお届けします!▼

-ダイエット・ボディメイク
-,