洞察力

東京都小金井市在のトレーナー瀧本銀次朗が運営するパーソナルメディアです。

カラダづくりのコツ

本当に筋トレすると動きが硬くなるのか?

2017/01/03

こんばんは。東京都・千葉県の出張パーソナルトレーナー瀧本銀次朗です。

筋トレをすると身体がかたくなる、動きがかたくなるという言い伝えがありますが、これは本当なのでしょうか?

結論からいえば、答えは『NO』です。

筋トレしたら動きがかたくなっちゃうなら、世界中のトップアスリートはガッチガチの身体になってしまいます。信じちゃダメですよこんな迷信。

ただ、筋トレのやり方、筋トレ以外の要因によってかたくなる可能性はじゅうぶんあります。

かたくなるのが筋トレのせいっていうのは間違っているし、何よりもそういう偏った考えが好かないので、詳しく書いていこうと思います。

スポンサーリンク

動きがかたくなる原因は『力み』

動きがかたくなる原因は、身体の力み(りきみ)をコントロールできなくなるからです。力を出すために、力むことはもちろん重要ですが、同時に力みをなくす『脱力』も同じくらい必要です。

力が抜けず力みが入った状態では、動きはかたくなります。なんとなくこれはイメージつくと思いますが、歯を食いしばって力んだ状態でしなやかな動きはできません。

力を抜く、入れる、このスイッチの切り替えを自由自在にできるからこそ、『揉』と『剛』を兼ね備えた、しなやかかつパワフルな動作が可能になります。

でも、意識して力んでいない時間は脱力してるんじゃないの?と思いませんか?

そうであることが理想なんですが、

実はすべての人がそうなっているとも限らないのが現実です。

力みっぱなしの身体になってしまう理由

脱力出来ない力みっぱなしの身体になってしまう理由はいくつかありますが、共通して言えるのは『自律神経のコントロールができていない』ことです。

身体に力みがあるとき、自律神経は交感神経が優位になっています。

逆に脱力しているときは、副交感神経が優位になっています。

自律神経のコントロールがうまくいかず、交感神経がずっと優位になりっぱなしになっている人は身体を緩めることができません。常に身体じゅう力みっぱなしです。

筋トレやったら力みが取れなくなる?

筋トレはやったことのある人なら分かると思いますが、重量が重くなればなるほどそれだけ力みが必要になります。

強い力を出すには、力みは自然と発生します。なので勘違いして欲しくないのですが力み=悪いことではないです。

力みっぱなしがよくないのであって、力むこと自体はスポーツを行う上で必要ですし、日常生活にも必要です。

ただ、考慮が必要になるのは筋トレでずっと力む習慣をつけていると力みっぱなしで脱力出来ない身体になる可能性はある、ということ。

『やっぱり筋トレしたら動きがかたくなるんじゃん!』と思うかもしれませんが、そうじゃないんです。

力むことが悪いんじゃない、力みをとれないのが悪い

力みを抜く作業、これが欠けているからどんどん動きがかたくなっていきます。

なので、『筋トレ』が原因でない場合もあります。

練習しすぎとか、ストレス溜まってるとか。交感神経が常に優位になりそうな要因をもっているのにそのまま放っておくからどんどん脱力ができなくなっていくんです。

「重い重量で筋トレして、動きがかたくなったから今は自体重トレーニングしかやりません!」みたいな人もたまにいますが、自体重トレーニングでも動きがかたくなる可能性はじゅうぶんあります。むしろ、高重量の筋トレよりもある意味力みっぱなしの身体をつくりやすいかもしれません。

体幹トレーニングと呼ばれる、プランクエクササイズ(同じ姿勢をキープするエクササイズ)なんかは典型的です。キープしようとするがあまり歯を食いしばって無理やり耐えていれば、力みっぱなしパターンまっしぐら。高重量もっていなくたって身体はガッチガチです。

だからって、高重量のウエイトトレーニングも自体重でのトレーニングも、体幹トレーニングと呼ばれるプランクエクササイズも、やっちゃいけないものではありません。どれもすばらしいトレーニングです。

実際に私もバレーボール、バスケットボール、フットサル、サッカー、野球、テニス、ゴルフなどのスポーツ選手のほか、腰痛に悩んでいる方、シェイプアップ目的の方など多くの方々に筋トレを指導してきました。そのなかで『動きがかたくなった』なんてひとはいません。

力みをとるには?

トレーニングをやっていればおのずと交感神経が優位に働きます。単純に考えれば、おなじように副交感神経を優位に働かせやすくなることを意識して行えばいいんです。

あえて『単純に考えれば』なんてことを前置きしたのは、そんなに簡単に自律神経のスイッチの切り替えが上手くできるようになるかといえば必ずしもそうではないからです。

前述したように、筋トレはあくまでも力みをもたらす要因の『ほんの一部』なので、練習で上手くいかなかったり、仕事でミスをしたり、人間関係のストレスがあったり、本当に些細なことがきっかけで身体は力みも緩みもします。

それを自らの意識でコントロールできるようにするには、個人差はあれどそれなりに練習が必要です。今日明日すぐにできるようなものではないです。

で、力みをとる方法ですが、それは『深呼吸』です。

すっっっっっっっっっっっっっっっっっっごい単純すぎて呆れたひともいるかもしれませんが、これが一番効きます。緊張をほぐすために深呼吸ってよくいうでしょ?あれはホントに効果があるんです。

深呼吸っていってもちょっとコツがあって、肩を上下させてやるような肩呼吸では緊張はとれません。見た目では「この人呼吸してる?」ってわからないくらいの深くて長い呼吸をすることがポイントです。

いわゆる『腹式呼吸』がそれに当たるんですが、これもできるひとできないひと個人差がでます。できないひとはすでに力みっぱなしの身体になっているかもしれません。ぜひ練習してみてください!

もしスポーツをやっているのなら、クールダウンのストレッチのときに呼吸を取り入れるのがおすすめです。ストレッチしながら、ゆっくり、深く呼吸しましょう。

あとはリラックスしたい寝る前とか、ちょっと根を詰めた作業のあととか、交感神経が働いて呼吸が浅く、早くなりがちなとき、意識して深呼吸を取り入れてみましょう。

慣れてくると、「あ〜、今呼吸浅いな〜」とか感じられるようにもなってきます。

 

筋トレは悪モノじゃあないですから。ちゃんとやれば動きがかたくなるなんてことはあり得ないので積極的に取り入れましょう!

 


▼「いいね!」すると最新情報をお届けします!▼

-カラダづくりのコツ
-, ,