「筋トレは週2回全身の筋トレをやるのが初心者向け」というアドバイスは本当に正しいのか?

「筋トレは週2回全身の筋トレをやるのが初心者向け」というアドバイスは本当に正しいのか?

通説「初心者が筋トレをやるときは、まず週2回」は、間違っている

自宅で筋トレする、最寄りのジムが使えるなら、初心者は毎日でも筋トレした方がいいです。

週2回なんて、少なすぎ。

そんなんで習慣化するわけないじゃないですか。

週2回でいいと思うと、優先順位がはじめから低くなるんです。

いざジムに行こうと思っていた日になっても、あれこれと他の予定に先に目が行ってしまう。

結果的に、朝から晩までジムに行く時間を取れずに終わってしまう。

このオチは目に見えています。

通説にある「初心者は週2回から」は、間違いです。

初心者こそ、筋トレする頻度は多くしましょう。

筋トレはむしろ、頻度が多くないと習慣化しない

筋トレで身体をかえていくには、まず筋トレを習慣化させる必要があります。

どんな効果的といわれている方法で筋トレをしても、習慣化するまでは絶対に効果を得ることはできません。

じゃあ、習慣化するために、何が必要か?

これは当然「量」です。

ただ、量をこなすといっても、筋トレは体力によってこなせる量に限界があります。

やればいいってもんじゃない。

そこで、量をこなす方法として有効なのが頻度です。

一度に大量の筋トレをこなせないぶん、頻度をふやす。

こうすることで、量を確保します。

量(頻度)をこなして、習慣化する。

そして効果を得る。

これは筋トレも同じです。

初心者の筋トレは、1日1種目からはじめる

毎日やるといっても、そこは初心者ですから毎日がっつり追い込む必要はありません。

まずはなにより習慣化です。

筋トレをやることそのものに意味があるくらいの気持ちで割り切ってやってしまっていい。

やるのは1日に1種目でいい。

セット数は1セットでいい。

自分ができそうな最小単位のトレーニングから、はじめていいんです。

曜日ごとに鍛える部位をわけてやれば、筋肉に負荷をかけすぎてしまうこともありません。

繰り返しになるけれど、初心者の筋トレは、まずは頻度が最優先です。

頻度をこなすから、習慣化できる。

初心者はまず、頻度をこなせる方法を選ぶことが習慣化のポイントとなります。

頻度をこなせる方法が1日1種目1セットなら、まずはそこから始めていいんです。

筋トレ初心者こそ高頻度で筋トレすべきだ

一般的に出回っている方法は、「初心者は低頻度、中上級者は高頻度」という方法です。

ただこれって、逆ですよね。

中上級者は、身体を維持するフェーズにいれば、頻度はむしろ低くていい。

筋肉が減らなければいいんだから。

中上級者が高頻度になるのは、より大きな身体、より大きな筋力を目指す時です。

初心者こそ、頻度が必要です。

量をこなして、筋トレを習慣化させてからやっと、筋トレの効果は感じるようになります。

少量でいい。

筋トレ初心者こそ、毎日筋トレしましょう。

最終的には、自分のライフスタイルに合わせた頻度をえらぼう

といっても、毎日ずーっと筋トレしろなんてことを言いたいわけではありません。

むしろ、頻度は減らしていっていい。

体型の維持は、食生活を気をつけつつやれば、週1回程度の筋トレでもそれなりに可能です。

もし、さらなる肉体強化を求めるとしても、週2~6回の間で頻度を調整しながらやれば大丈夫です。

筋トレの頻度がおおければ、それだけ鍛える部位をわけられるので、時短ができたり、より多くの種目をこなせるようになります。

自分のライフスタイルにあわせて、筋トレの頻度はその都度変えていっていいんです。

頻度のご相談等、トレーニングの相談はオンライン通話で承っております(1回45分程度 5,000円(税込))。ご興味ある方はtwitterのDMからご連絡ください。

60分間無料体験実施中!

CTA-IMAGE

リアルワークアウト祐天寺店にて,無料体験実施中!
ウエア、シューズ無料レンタル有り
手ぶらで来店できます!

トレーニングカテゴリの最新記事